放送5分前に「ダメだ、変える!」毎日が戦いだった「梶原しげるの本気でDONDON」22年越しの秘話

放送5分前に「ダメだ、変える!」毎日が戦いだった「梶原しげるの本気でDONDON」22年越しの秘話

Share

2022年3月31日、文化放送は開局70周年を迎えた。それに伴って3月28日から4月3日までを「開局70周年ウィーク」とし、70時間特番が編成された。その中で4月1日の15時30分から17時45分まで、1988年4月から2000年3月まで放送されていた「梶原しげるの本気でDONDON」が復活した。

ー番組誕生のきっかけは作家の思いつき

梶原しげるさんを始め、井崎脩五郎さん(競馬評論家)や伊藤佳子さん(文化放送元アナウンサー)ら、当時の出演者が22年ぶりに集まった。復活ということで、番組にゆかりのあるメンバーを迎えて当時を振り返りながら番組が進行。最初のゲストとして、番組の生みの親であり、番組の方向性を示してきた放送作家の久利一さんを迎え、誕生秘話について語り合った。

「元々(平日午前)11時台というのは、『小倉智昭のとことん気になる11時』という番組をやっていました。3年くらいやった後、その番組が終わり、2時間の枠が空くということで、台本を書かない番組をやりたいと思い、『台本を書く準備の過程』を放送したらどうだろうと考えました。当時はニュースが商売になり出した頃だったので、2時間でニュースを1つテーマに取り上げて、素朴な疑問で攻めていく過程を生で放送しちゃおうと提案したら、ディレクターさんが懐の広い人で、それでいこうと実現してくれました」と久利さんは番組誕生のきっかけを語る。

続けて「朝、ディレクターや放送作家が5、6人集まって、その日の朝刊などからネタをホワイトボードに書きだし、良いと思ったニュースに対して素朴な疑問を挙げていきました。それを書いているうちに放送が始まっちゃうんですよ。みんな手分けして誰に取材をするかなど、その過程をドンドンやっていくというすごく乱暴な番組でした」と裏側も告白する。

当時アシスタントとして参加していた伊藤さんは「私も当時、新聞記事をとにかく切りまくってネタを出し、やっと決まったと思ったら久利さんが『ダメだ、変える』と言い出して、5分前にネタが変わることが何度もありました。本当に大変なことが色々ありましたね」と振り返った。

その後も番組にゆかりのあるゲストが多数登場。当時行ったゲリラ取材の数々も取り上げ、リスナーにも当時のアグレッシブさが伝わる内容となった。

「梶原しげるの本気でDONDON」はradikoのタイムフリー機能で、4月8日(金)まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加