林原めぐみのラジオ原体験に、日髙のり子「すっごくいい思い出!」

林原めぐみのラジオ原体験に、日髙のり子「すっごくいい思い出!」

Share

2022年3月31日、文化放送は開局70周年を迎えた。それに伴って3月28日から4月3日までを「開局70周年ウィーク」とし、70時間特番が編成された。4月2日の19時から21時までは1991年4月から2010年7月まで文化放送で放送され、その後もインターネットラジオ「超!A&G+」で配信され続けている「ノン子とのび太のアニメスクランブル」が、サブタイトル「アニラジの歴史はここから始まった」がついた特別版で放送された。

ー世代を超えて「共感の嵐」を呼んだエピソード

声優の日髙のり子さんと、長谷川太(長谷川のび太)文化放送アナウンサーがパーソナリティを務めるこの番組では、声優の櫻井孝宏さんと林原めぐみさんがゲストとして登場し、ラジオの魅力や思い出を語った。

林原さんは「初めてラジオを聞いたのはいつ頃?」という質問に対し「中学生くらいの時の『宇宙戦艦ヤマト』のドラマかなにかです」と回答する。

「番組が夜中にやってて、友達と起きてて、本当は部屋で聞きたいんだけどまだ携帯電話がない時代で、家の玄関のところにしか電話がなかったから、寒いのにそこにラジオを持っていって、毛布にくるまりながら友達と電話しながら、同じラジオを聞いてたりして」と林原さんは学生時代の思い出を披露。日高さんは「すっごくいい思い出! それこそ『君と僕とイヤホンと』の世界を電話でやってたってこと」と、「アニスク」1500回を記念して作られた自身が歌う楽曲(長谷川アナも作詞とコーラスで参加)と共通する部分を発見した。

長谷川アナが「そういうラジオの原体験っていうのは、いま林原さんがいろんな番組をやられる中で関連付けられることがあるんですか?」と質問すると「あるある! (番組リスナーの中学生が)普段だったらインターネットとかで聞くんだけど、せっかく家にいるし明日学校早いわけじゃないしって初めてオンタイムで聞いたら、昼間入っていたはずの電波が夜は入らなくて、部屋中を電波を探してウロウロした――っていうエピソードを番組で紹介したら『おじさん達はずっとそうだったんだよ』って共感の嵐で。いまやってる自分のラジオも10代から60代までがいろんな角度で同じようなことを笑って考えて、共感するサロン化していて、ラジオならではだなって思うんだよね」と林原さん。

番組ではこのほかにも声優の水樹奈々さんや漫画家の青山剛昌さん、アーティストのangelaなど、日高さんや林原さん、そして番組と関係の深い方々から多くのメッセージが寄せられた。

「ノン子とのび太のアニメスクランブル~アニラジの歴史はここから始まった~」はradikoのタイムフリー機能で、4月9日(土)まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


ノン子とのび太の アニメスクランブル

水 17:30~18:00 【リピート】木 15:30~16:00

「アニメスクランブル」とは声優日髙のり子と文化放送アナウンサー長谷川のび太でお送りしている放送開始以来、2008年4月で、18年目の文化放送A&Gゾーン老舗の…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加