11/19、20「上尾シティハーフマラソン」3年ぶり開催 参加申込 6月15日受付スタート

11/19、20「上尾シティハーフマラソン」3年ぶり開催 参加申込 6月15日受付スタート

Share

「第35回 2022上尾シティハーフマラソン」(11月19、20日)の記者発表会が13日、
埼玉・上尾市役所で行われた。(司会:舘谷春香)
昭和63年にスタートした「上尾シティハーフマラソン」は
新型コロナウイルスの影響で
2020年、2021年の2大会が中止となり、今年3年ぶりに開催される。
例年「箱根駅伝」常連校から招待選手が多く出場し
箱根の前哨戦としても注目されるレース。
今大会は
日本陸連公認に加え世界陸連公認大会として実施される。

上尾市は昭和51年に表明した
「上尾市スポーツ都市宣言」に『健康』を取り入れ、
今年4月1日より『上尾市スポーツ健康都市宣言』と改めた。
大会会長の畠山稔市長は、
「心身ともに健康長寿社会の実現に向けて、
 今大会を競技としてだけでなく
 健康的なイベントとして
 幅広い年齢層の人に楽しんでいただきたい」
とアピールした。

(中央)大会会長・畠山稔市長

上尾市出身で「キラリ☆あげおPR大使」を務める
競歩の岡田久美子選手
(富士通/リオデジャネイロ、東京 2大会連続五輪代表)
今大会にゲストとして参加。
大会当日はランナーにエールを送るほか
表彰式のプレゼンターを担当する。

記者発表会で行われたトークショーでは
未経験者のハーフマラソン初挑戦について
ゲストの3人がアドバイスを送った。

岡田選手はひと夏を越えて準備ができるとして
今からの挑戦でも「余裕ですね」と後押し。
山賀瑞穂選手(大東文化大学4年)は
「楽しむことを一番に練習すれば少しずつ力がついてくる」
「上尾シティハーフマラソン」7回出場の市民ランナー、
田村敏子さん(上尾在住)は
「道具も何も必要ない。一歩から進めばハーフは走れます」
それぞれアドバイスした。
また、ランニングアドバイザーの資格を持つ
司会の舘谷春香アナウンサーは
「『きつい』と思っても意外と周りの雰囲気でいける」
とハーフマラソン初出場時を振り返った。

富士通・岡田久美子選手
大東文化大学・山賀瑞穂選手
司会を務めた 舘谷春香アナウンサー

13日夕方の文化放送『岩本勉のまいどスポーツ』では
舘谷春香アナウンサーが記者発表会の様子を報告。


「私も普段ランニングをしていて、
 大会がないとモチベーションが上がらない
 というかたも多いかもしれないです。
 久しぶりの開催で『待ってた!』というかたも
 多いのではないでしょうか」
(舘谷)

「みんなで汗流して、あの爽快感って
 たまらんからね」
(岩本)

ラジコ タイムフリーで
『岩本勉のまいどスポーツ』を聴く → こちら

(左)岩本勉 (右)舘谷春香

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


岩本勉のまいどスポーツ

岩本勉のまいどスポーツ

月 17:45〜18:30

球界が生んだ屈指のエンターティナー、「ガンちゃん」こと岩本勉(元北海道日本ハムファイターズ投手)が独自の視点でスポーツ界を切りまくる! スポーツに興味が無くて…


Track Town JPN

Track Town JPN

Podcast

その他の主な出演者
CLOSE
その他の主な出演者

ただ走るだけ、ただ飛ぶだけ、ただ投げるだけでない陸上競技の魅力を。日本唯一の陸上『雑談』専門チャンネル『Track Town JPN』

ページTOPへ
// 2022.04.28追加