ADHDとは? ASDとの違いは? 治療方法は? 精神科医・西井重超さんが詳しく解説

ADHDとは? ASDとの違いは? 治療方法は? 精神科医・西井重超さんが詳しく解説

Share

8月4日「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)は「改めて理解したいADHD」と題し、様々な場面で見聞きするADHDについて特集した。「はたらく人・学生のメンタルクリニック」の精神科医・西井重超さんが出演し、詳しい説明を聴かせてくれた。

西川あやの「ADHDとはどういうものなのでしょうか?」

西井重超「『不注意』『多動衝動』この2つの脳の特徴からなる発達障害といわれています。特徴は多動がどう、不注意がどう、という話なんですが。忘れ物をたくさんする、部屋が片付けられない、ケアレスミスが多い。あとは集中力が続かない、勉強に15分ぐらいで飽きてしまうとか。多動衝動でいえばすぐに席を立ちたくなったり、冷蔵庫を開けたくなったり」

西井さんによれば「不注意」「多動衝動」のどちらかの項目を満たすだけでもADHDに分類されるという。自身がADHDかもしれない、という入山からはこんな質問が。

入山章栄「発達障害だと『ASD』というのもよく聞くんですね。オードリー・タン、イーロン・マスクらも告白している。ADHDとの違いは?」

西井「シンプルにいえばADHDは『不注意』『多動衝動』という項目。ASD、自閉スペクトラム症というんですけど、これはコミュニケーションが苦手だったり、空気が読めなかったり。あと『共感しにくい』。文化祭でみんながワッと盛り上がっている中、距離を感じるとか。ただ独特でユニークな考えは持っているので、それを活かして社会でうまくやっている方もおられます」

さらに西井さんによれば、ADHDやASDはハッキリと区別できるものでもないそうだ。

西井「病気にも『あるか・ないか』の病気とグラデーションの病気があります。コロナウイルスは感染したかどうか……陽性か・陰性か。発達障害はグラデーション、スペクトラムという概念なんですけど、診断されないけどギリギリという方もいれば、診断されるけど症状の軽い方もいます」

気になる治療方法についてはこう説明する。

西井「基本的に3つです。ADHDの科学的な分析はされていて。ノルアドレナリン、ドーパミンという物質が普通の人よりアンバランスになっているので、それを出やすくしましょう、という『薬物療法』があります」

入山「僕が仮にADHDだとして……。時計を3ヶ月に一度ぐらいのペースでなくして困っているんですよ。財布は1年か半年に1回。治療すれば忘れっぽさはなくなる?」

西井「それが2個目の『行動療法』につながってきます。なくしにくい工夫、というのもできるんですね。時計をつけたり外したりするなら、人によっては懐中時計にして腰にぶらさげておくとか。身から離しちゃうとなくすんですよ、ベストなカバンはリュックサック。トートバッグや手で持つやつは置いてきてしまう(笑)」

入山「うわ、いまトートバッグだ(笑)」

中田花奈「これからは、ね(笑)」

西井「体にくっつけておく。忘れないようがんばるんじゃなくて、そもそも忘れようがないようにする。あと3個目が『環境にアプローチしていく』。どうしようもなかったら会社に『診断されたんです』と助けを求めたり、社会的な援助、障害者手帳をもらったりする」

現在はニューロ・ダイバーシティという、脳の特性を個性だとする考え方が広まっている。西井さんは言葉を選びながら、前向きな言葉を述べる。

西井「ADHD、ASDの方は過集中、一回グァーッとやり出すとすごくのめりこんで、専門家になる方もたくさんおられます。そういうところを使って活躍していただくというのは、すごくいいと思います」

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加