【西武】平井克典投手インタビュー…中継ぎのしんどさを知っているから「もう1イニング」

【西武】平井克典投手インタビュー…中継ぎのしんどさを知っているから「もう1イニング」

Share

8月4日のライオンズナイターは試合前、平井克典投手のインタビューをお届けした。前日の登板では6回1失点で勝利投手に。先発での活躍の源には、「中継ぎ投手のためにも」「しんどさをわかっているから」という思いがあるようだ。

――ゆうべ(8月3日)のピッチングを振り返っていただけますか?

平井「調子自体も悪くなく、ややいいほうかな、という感覚でブルペンを終わって。(森)友哉がいい配球してくれて、いいところを引き出してくれて、いいスタートが切れたかなと。そのいい流れのまま最後まで投げ切ることができたと思います」

――「いいリード」とはどういうものでしょう?

平井「僕といえばスライダーというのはバレていますし(笑)、どの球団も知っていることなので・・・。そのスライダーを活かすためのリードというか。配球に偏りなく、僕のスタイルである『内・外を広く使っていく』というのをうまくやってくれたかなと」

――いろんな捕手と組んでいて、「次に投げたい球種はそれでいい。でもコースはそこじゃないんだよ」ということは?

平井「まぁありますけど、そこは捕手も意図をもって出してくれることなので。そこで瞬時に僕自身が納得できなければ変えることもありますし。そこは僕にも責任があるところなので」

――瞬時に納得できるかどうか。

平井「そうですね。フィーリングというか、『ここだろうな』というところはやはり抑えられる確率が高いですし。逆に『ここでいいのかな』と半信半疑になって投げたときは、打たれる、意図するボールがいかないことが多いですね」

――平井さんといえばスライダー。どうやって投げているのかとても興味があるんです。たとえば右打者のインコースからのスライダーだとすると、どこを目標にリリースするんですか?

平井「右打者のインコースは・・・『当て』にいっています」

――やっぱり! 打者を目がけて投げていますね。

平井「目がけて投げたらちょうどいい・・・ですね」

――そこにためらいはない?

平井「そこをためらったらいい結果が生まれないので」

――左打者へのアウトコースからのスライダーだとすると?

平井「右打者がいると想像して投げます。だいたいそこら辺にいるだろうな、と的を仮定して」

――どちらのほうが得意ですか?

平井「左の外のほうが、言い方は悪いですが『抜けてもいいや』と。抜けてもボールになるだけなので。そこは思い切って、加減することなく腕を振れるかなと」

――今年は開幕から16試合にリリーフで登板したあと、先発で8試合、起用されています。平然とした顔でお仕事されていますけど、シーズン中の先発転向は簡単なことではなかったですよね?

平井「でもやることは同じなので。先発だから、中継ぎだからとスタイルを変えるつもりはない。先発になったら球の使い方が変わるぐらいじゃないですかね」

――より多くの球種を使うということですか?

平井「そうですね、中継ぎだと自分の得意なボール、その日の調子がいいボール、というのを最優先に捕手も選んできますけど、先発は二回り、三回りと戦っていくので、9人にどうボールを使っているかというのを相手ベンチも見ています。そこで的を絞らせない投球となると、全球種をまんべんなく使わないといけない。そこくらいだと思います、違いは。」

――もっと投げたい、という願望はありますか?

平井「もちろん!できるのであれば、この時期、中継ぎもしんどい、しんどくなってくる、というのもわかっているので。中継ぎ投手のためにも『もう1イニング、もう1人』というのは常に思って投げています」

――監督やコーチから「そろそろ代わるか?」という言葉があったとき、「もっと投げます!」と返したこともあるんでしょうか?

平井「ありますあります。『交代』と言われたら『はい』と答えますけど、『どうだ?』と聞かれたら『まだいけます!』という感じですね」

※インタビュアー:文化放送・斉藤一美アナ

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加