安倍元首相の国葬に海外から700人 弔問外交、 岸田首相は30か国超の首相級と会談

安倍元首相の国葬に海外から700人 弔問外交、 岸田首相は30か国超の首相級と会談

Share

9月26日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)は、月曜コメンテーターで経済評論家の上念司氏と寺島尚正アナウンサーが、明日の安倍晋三元首相の国葬儀について意見を交わした。上念氏は、国葬儀に参列するという。

外交で手腕を発揮した安倍元首相の“遺産”

明日、9月27日14時から東京・日本武道館で、安倍元首相の国葬儀が執り行われる。それに合わせて、葬儀に参列する海外の首脳らと岸田文雄首相が会談する弔問外交が始まる。岸田首相は明後日28日までの3日間で30か国以上の首脳級と個別に会談する見通しで、初日となる今日、26日はアメリカのハリス副大統領をはじめ、9か国の首脳らとの会談が予定されている。

国葬儀には、オーストラリアのアルバニージー首相、インドのモディ首相、シンガポールのシェンロン首相、イギリスのメイ元首相、フランスのサルコジ元大統領らが参列する予定。政府は当初、参列者はおよそ6000人と見込んでいたが、最終的には国内からそ3600人ほど。海外からは700人ほどの、およそ4300人となる見通しだ。

「上念さん、明日の国葬儀どうご覧になっていますか?」と、寺島アナ。

これに上念氏は、「国内から参加するおよそ3600人のうちの一人が私です。安倍さんとは生前インタビューさせていただいたり、お宅で飲んだりもさせていただきまして。ご案内が来ましたので。私自身いろいろと思うところもありまして、しゃべっていると泣きそうなのでやめておきますが、しっかりと追悼したいと思います」と、安倍元首相の国葬儀に参列することを明かした。

さらに、「モディ首相も今回の国葬に参加されるんですが、じつはモディ首相はエリザベス女王の国葬には行ってないんですよ。イギリスはインドを植民地支配していたこともあり、国民感情的に複雑なので。これがすべてを表していると思います。モディ首相、ありがとうございます」と、先日イギリスで行われたエリザベス女王の国葬を引き合いに出し、安倍元首相の国葬の意義を主張した。

外交面で、その手腕を発揮した安倍元首相。「(弔問外交での)30人あまりとの会談というのは、安倍元首相の外交的遺産を(岸田首相が)受け継ぐということですよね」と寺島アナ。

上念氏も「いや、まさにそういうことです。支持率が落ちて岸田首相はしょんぼりしてますけど、そんなこと言ってる場合ではありません。菅(義偉)元首相も支持率が落ちるなか、火だるまになりながら(新型コロナウイルスのワクチン)100万回接種を達成した(2021年5月7日の記者会見で、菅首相は「1日100万回の接種目標」を掲げた)ので、岸田首相にはああいう気持ちで、『自由で開かれたインド太平洋』をしっかりと守っていく、という仕事をして欲しいですね」とコメントした。

岸田首相には、各国の首相級の人物と個別に会談できるまたとないチャンスをしっかりと活かして欲しい。


「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~8時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

で開く

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

NOW ON AIR
ページTOPへ