2位で予選通過を決めた明治大学! 山本監督「本戦までにシード校との差を埋められるか」

2位で予選通過を決めた明治大学! 山本監督「本戦までにシード校との差を埋められるか」

Share

9月27日から毎週火曜日~金曜日「おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)の中で、18時30分頃に放送中の「箱根駅伝への道」(文化放送)10月18日から10月21日の放送では、箱根駅伝予選会特集をお届けしました。10月21日の放送テーマは”本戦常連校”です。2位で予選通過を決めた明治大学の山本佑樹監督、5位で予選通過を決めた日本体育大学の玉城良二監督、9位で予選通過を決めた東海大学の両角速監督の声をお届けしました。

山本監督「主軸二人の意地は見えた」

2位で予選通過を決めた明治大学山本佑樹監督に、本戦に向けた対策を訊くと「シード校と予選会を戦っているチームの差はあると思うので、本戦までにその差をどれだけ埋められるかだと思う。残りの時間、そこにフォーカスを当ててやっていきたい」と教えてくれた。

また、山本監督にチームの主軸であり、予選会で日本人3位に入った4年生富田峻平選手と日本人4位に入った3年生児玉真輝選手の予選会の走りについて訊くと「富田は学生ハーフが3月にあって、ユニバーシティゲームズ(旧ユニバーシアード)の代表をあと一歩のところで逃すという悔しい思いをしていたので、日本人トップに対する想いというのは一番強かったと思う。児玉は箱根2区が彼の実家のすぐ近くを走るコースなので、どうしても走りたいという想いが強い。児玉にはチームでトップを取らないと2区はないよと言っていた。その二人の意地というのはしっかり見えた」と語ってくれた。

このほか、5位で予選通過となった日本体育大学玉城良二監督と9位で予選通過となった東海大学両角速監督の声もお届けしました。詳しい放送内容はpodcastでチェック♪

「箱根駅伝への道」は火曜日~金曜日「おいでよ!クリエイティ部」の中、18時30分頃~文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
ナビゲーターを務めるのは東洋大学OBで二代目・山の神として活躍した柏原竜二さん。4年目になる今シーズンも熱心な取材をもとにした解説、コメントに期待してください。
podcast10月21日放送分はこちら↓

「箱根駅伝への道」のそのほかのエピソードはこちらから
箱根駅伝への道 – PodcastQR 文化放送 (joqr.co.jp)

Share

関連記事

この記事の番組情報


箱根駅伝への道

箱根駅伝への道

火~金 18:15~18:25

その他の主な出演者
CLOSE
その他の主な出演者

大学駅伝のクライマックス【箱根駅伝】出場を目指して奮闘する選手や監督のインタビューをお届けしながら、学生長距離界の今を詳しくお伝えします。 …

NOW ON AIR
ページTOPへ