ASMR特番『寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件』放送決定

ASMR特番『寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件』放送決定

Share

文化放送は、4月19日(月)午前2時00分~3時30分(4月18日(日)26時00分~27時30分)に、ASMR特番、寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件を放送することを決定しました。

当番組は、一昨年末から始まった高音質の音の魅力にフォーカスした長尺の“ASMR”特番シリーズで、今回が第9弾です。

今回の特番タイトルは、『寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件。長く続くコロナ禍で先の見通しづらい日々が続き、ストレスや生活習慣の変化により寝付きにくさや眠りの浅さなど、十分な睡眠が取れないというリスナーに向け、より安らかに眠りについてもらうための究極の癒しの音を届けたいと考え、人が一番無防備な状態であるときの音「寝息」を90分間にわたってお送りする実験的プログラムを企画しました。自分を飾ることのない状態で人はどのような音を発するのか?人の一番正直な音、パーソナルな音とも言える「寝息」に注目しました。

そもそも、ラジオはパーソナリティのパーソナルな面を感じやすいメディアです。今回の特番では、究極のパーソナルな音を届けることで、これまで誰も到達したことのない究極の「パーソナリティ」を文化放送が体現します。

挑戦するアナウンサーは、高橋将市、西川文野、坂口愛美、松井佐祐里の4名。スタジオで布団を敷いて収録した音声と、アナウンサーがそれぞれ自宅に機材を持ち帰り、収録した音声を使用します。

また、これまでと同様に“音のプロ”である文化放送の音声技術スタッフが、すぐそばで人の寝息が聞こえるような感覚が味わえる「3Dオーディオ」技術を駆使して演出・編集し、AM放送では実現できない番組に仕上げました。このため、文化放送では、パソコン・スマホアプリのラジコまたはFM91.6でヘッドフォンやイヤホンを使用して聴取することを推奨しています。

過去のASMR特番はこちらからお聴きいただけます!

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

この記事の番組情報


文化放送ASMR特番

文化放送ASMR特番

特番

音へのこだわりがハンパない 文化放送が、不定期でお届けしている高音質+長編の「文化放送ASMR特番」。 今すぐ聴くにはASMR特番まとめページから! …

ページTOPへ