なかじましんや 土曜の穴

毎週 土曜日 11:00〜13:00
tweet

ゲスト・刈部山本さん

 6月30日放送
 『なかじましんや 土曜の穴』のゲストは
 町歩きライターで、今年5月に著書
 『東京「裏町メシ屋」探訪記』
 発売されたばかりの
 刈部山本さん。

  ♪♪ ポッドキャストで聴く ♪♪

 Karibe_Yamamoto_20180630_02__R_480x360.jpg
 "普通のお店"で提供される
 何でもないような料理に惹かれるという
 刈部山本さんに、オススメの町歩き&
 旨いものをご紹介いただきました。

 Karibe_Yamamoto_20180630_00C_photo_YOSHIZAWA_KENTA.jpg
 ▲刈部山本さん (撮影/吉澤健太)

  板橋でしっとりチャーハン

 「町中華」という言葉が
 近年、定着しつつあります。

 おもに駅前商店街、あるいは住宅街で
 長年、営業を続ける
 個人経営の中華屋さん。

 ラーメン専門店とは異なり、
 多彩なメニューが特徴で、
 中でも「チャーハン」
 炊き立てのご飯と、
 油に動物性のラードを使用するのが
 定番といえるでしょう。

 "パラパラチャーハン"ではなく
 コッテリしていて、パンチがある、
 "しっとりチャーハン"


(刈部山本)「そういうチャーハンの方が
       普段から馴染みが
       あるんじゃないかと」


 東京・板橋区には、そんなチャーハンを
 提供する中華屋さんが数多くあります。

 Karibe_Yamamoto_20180630_04B_360x270.jpg
 刈部山本さんが特にオススメするお店は
 「かさま」(板橋区本町25)

 昭和文化遺産というべき外観&内装で
 メニューは、ラーメン、チャーハン
 などのほか、丼ものや洋食まで
 幅広く充実しています。

 KASAMA_20180629_01_R_360x270.jpg
 オススメメニューは「ソースかつ丼」で
 お店のご夫妻が旅先で
 おいしいソースかつ丼に出会い
 メニューに追加したそうです。

 KASAMA_20180629_09_360x270.jpg KASAMA_20180629_08_R_360x270.jpg
 ▲(左)ソースかつ丼 (右)チャーハン

  花街・向島の デカ盛り!

 墨田区向島界隈は、昔ながらの
 料亭や町工場がひしめく町。

 「角萬 向島店」(墨田区向島3丁目)
 "蕎麦屋界のラーメン二郎"的存在で
 麺は【打ち立て・極太・てんこ盛り】。

 人気メニューは
 「冷やし肉南蛮そば」だそうです。

 Karibe_Yamamoto_20180630_03A_360x270.jpg
 「味の横綱」(墨田区東向島2丁目)
 タンメンの野菜がてんこ盛り!

(刈部山本)「普通盛り頼んだはずなのに
       もやしが
       "山"になってるんです」


 Karibe_Yamamoto_20180630_05A_320x240.jpg
 放送ではそのほか
 JR新橋駅~上野駅間に今も残る戦前の
 レンガ造りの【ガード下】の空間の
 楽しみ方、オススメのお店、
 さらには【公営競技場のグルメ】などに
 ついてもご紹介いただきました。

  気になった店には入ろう

 刈部山本さんから、お気に入りのお店を
 見つけるためのアドバイス!

 グルメ情報が氾濫する昨今、
 メディアを通じて知った名店に
 行くのもいいですが、そのお目当ての
 店の近くや途中で偶然
 【気になるお店】が
 見つかることもありま。

 その場合は、後日あらためて
 足を運んでみましょう。

(刈部山本)「休みの日でも、行ってみて
       ほしいんですよね。誰かに
       教わったものじゃない、
       自分の楽しみ方、
       町歩きをすると、
       いいリフレッシュに
       
(なると思います)


 Karibe_Yamamoto_20180630_06B_320x240.jpg
(中島)「うまいメシ屋を見つけるコツは
     とにかく気になるところに
     入ってみる、と?」


(刈部山本)「古いお店っていうのは、
       愛されてるから、長く
       やれてるわけですよね。
       理由があるはずなんです」


 Karibe_Yamamoto_20180630_08A_320x240.jpg
 老舗のお店は、
 新しくオープンしたお店と比較して
 (味の好みに個人差はあっても)
 期待外れに終わることは少ないはず。

(刈部山本)「店の空間を含めて――、
       町に集まっている人を
       含めて、味わうというのが
       コツだと思います」


(中島)「情報過多の時代に、自分なりの
     楽しみ方を見つけることが
     一番の楽しみになる
     ――ということですね」


  刈部山本さんの著書

 『東京「裏町メシ屋」探訪記』
  (光文社知恵の森文庫/820円/2018年5月発売)
  詳しくは こちら

 Karibe_Yamamoto_20180630_book_obi_248x360.jpg
 刈部山本さんの最新情報は
 刈部山本@ガキ帝国をご覧ください。

  ♪♪ ポッドキャストで聴く ♪♪
   (ブラウザで直接再生)

TOPへ戻る