なかじましんや 土曜の穴

毎週 土曜日 11:00〜13:00
tweet

那須高原で雪三昧!『週刊那須スタイル』

QRnasu20170121_000462.jpg
 今週は、那須高原のどうぶつたちの聖地「那須どうぶつ王国」の菅野泰介さんに、冬の那須高原の楽しみ、スノーリゾート「 マウントジーンズ那須」のスノーシューツアーをご紹介していただきました。

CIMG7597kopi-.jpg

 スノーシューとは、雪に足がとられないようにするカンジキのこと。これを履いて、ブナの原生林や美しいダケカンバの林などを散策します。山を登ったり、下ったり、ときには滑ったり、転んだりしながら雪原と景色を楽しんでください。
 山頂までのゴンドラには、ワンちゃんも一緒に乗れますので、ペットと一緒に雪遊びもできますよ。

『スノーシューツアー:静かなブナの森を散策しよう!』
営業期間:2017326日(日)まで
営業時間:午前の部...10:0012:00 / 午後の部...13:3015:30
料 金 :中学生以上 6,500円 / 小学生以下 5,500
※料金にはゴンドラ代・ガイド代・保険料・レンタル(スノーシュー+ストック)・消費税を含む。
※ウェア、スノーシューズ(またはボードブーツ)のレンタルは各1,500円が別途必要。
※わんちゃんの参加はプラス2,000円。
予約先 :ネイチャープラネット 電話:0288781177
CIMG7604 - コピー.jpg

131日(火)までリピートキャンペーン実施中!
キャンペーン期間中リフト1日券ご購入、またはリフト券のご利用で、21日(水)より利用可能な超お得な割引券をプレゼント!!
 割引券内容:リフト1日券1,000OFF
 大人通常4,4003,400円 子供通常3,5002,500円)

24日(土)節分イベント実施!
豆まき+お得なサービス券プレゼント!
こちらは、今シーズン初めて実施する企画、マメ以外に、お得なサービス券をまいちゃうかも!

212日(日)「出張どうぶつ王国」実施!
那須どうぶつ王国のアルパカが、 マウントジーンズ那須に遊びに行きます。
午前10時から12時まで。写真撮影なども実施していますので、どうぞふれあってくださいね。

詳しくは、「 マウントジーンズ那須」のホームページでご確認ください。

http://www.mtjeans.com/


スクリーンショット 2016-11-21 17.21.58.png


『王国温泉カピバラの湯』

営業時間:13:0017:30(土日祝18:00)冬季は13:0016:00
定休日:水曜日(王国の営業日に準じる)冬季はスキー場営業日に準じます。
入浴料:大人(中学生以上)500円/こども(3歳~小学生)250
*カピバラの湯は、那須どうぶつ王国入国者のみ利用が可能です。
*別途王国入国料が必要です。
*レンタルタオル200円(持ち込み可)
*冬季は温泉にカピバラはいません。


YouTube版「カピバラの湯」15CM

  https://youtu.be/Onx8lvWabmU



11041804_938999182801169_1650692824935989904_n.jpg
新指差しナスタ_リサイズ.jpg


「那須どうぶつ王国」へのお問合せは、

電話:0287(77)1110まで。

詳しくは、「那須どうぶつ王国」公式ウェブサイトをご覧ください。

QRnasu20170121_000461.jpg
画像提供

1月21日のゲストは 関口知宏さん!

ANA7_Sugiyama_60x60.jpgANA3_Sunayama_60x60_R.jpgANA2_Obi_60x60.jpgANA1_Nakajima_60x60.jpgANA5_MISHIMA_60x60_R.jpgANA6_Shinya_60x60_R.jpg
・バックナンバーこちら
・妄想五・七・五 歴代優秀作品こちら
・ポッドキャストこちらから
・番組ツイッター @doyo_anaこちら
・JOQgiRl の活動についてこちらclick!!
JOQgiRl_banner.jpg



 次回1月21日(土)
 ゲストコーナー「しんやの部屋」に
 俳優、旅人の
 関口知宏さんをお招きします。

 Sekiguchi_Tomohiro_20170121_00_240x360.jpg
 鉄道で世界を旅する
 関口知宏さんとのトークを
 お楽しみに!

関口知宏さんへの質問を募集!

 お便り、番組の感想、
 妄想・願望・ふと気づいたことなどを五七五で表現する
 「妄想五・七・五」の投稿もお待ちしています。

 メッセージが読まれた方には
 オリジナル入浴剤セットをプレゼント!

 「妄想五・七・五」で投稿が採用された方には
 TOTO「トイレ川柳」過去の上位句が印刷された
 トイレットペーパー型 川柳集
 差し上げます。

 また「妄想五・七・五」の投稿の中から
 "ホッとする妄想"を毎週1作品
 「TOTO賞」に選定。
 TOTO賞に輝いた方にはリトルベン
 キーホルダーをプレゼントします。

 toiletpaper_284x200.jpg Little_BEN_01_360x480.jpg
 TOTO住宅ストック循環支援事業について
 詳しくは こちら をご覧ください。

 「妄想五・七・五」への投稿や
 番組へのメールは常に募集しています。

 ■メールの宛て先は ana@joqr.net

 「プレゼン!」のコーナーは
 杉山菜摘さんが珍しい
 "しゃぶしゃぶ"をご紹介します。

 presen_Sugiyama_360x180.jpg

第92回 土曜の穴 2016年1月14日

 この日は寒波の影響で
 厳しい寒さに見舞われたことから
 メッセージテーマは
 「あぁ、寒かったなぁ」

 リスナーの皆さんからのお便りは・・・

 カギっ子だった小学生時代、
 カギを忘れて家に入れず、
 愛犬を抱きながら家族の帰りを待った。

 2014年2月の関東の大雪
 会社まで8.5kmの距離を歩いた・・・ら
 仕事が休みになり、引き返した。

 アイスクリームの配送の仕事で
 マイナス25℃の倉庫で作業。
 さらに、冷凍マグロを保管する
 マイナス70℃の冷凍庫は
 「寒いというより痛い」
 ――といったエピソードを
 お寄せいただきました。

 しんやさんもアイスクリームのCMを
 マイナス20℃にできるスタジオで
 撮影したことがあるそうです。

(中島)「寒いとかではなくて、
     体が重くて、だるくて
     必ずおかしくなっちゃう。
     たいへんです」


 Nakajima_20170114_03_mousou.JPG
 昭和53年1月14日が長女の誕生日――
 という方からメールをいただきました。

 その年の冬はがよく降り、
 退院の日も雪――。
 ミルクをあげるために夜中に起きた時は
 とても寒かったそうです。

 なお「1月14日」は
 中島家のお嬢さんの誕生日でもあり
 翌日「1月15日」は
 中島信也さんの58歳誕生日です。

 しんやさんにとって2017年は
 どんな1年になるでしょうか。

 ana_20170114_01.jpg



  タイムマシンに乗って
 セリフ、キャッチコピーなど印象的な
 『キーワード』とともに"懐かCM"を紹介します。

 今週取り上げたCM
 ソフトバンク 白戸家シリーズ
 (2007年/平成19年)

 ◆ キーワード ◆(セリフ)
  「私だってわかんないわよ
   なんでお父さんが犬なのかも」
  (『ホワイト家族24「店頭」篇』)

 ソフトバンクがボーダフォンを買収した
 2006年の翌年から放送が始まり
 10年たった今も続く人気シリーズ。

 白戸彩(アヤ)は上戸彩さん、
 お母さんは樋口可南子さん、
 お兄ちゃんはダンテ・カーヴァーさん、
 そしてお父さん(白戸次郎)はです。

(中島)「メチャメチャな家族ですね」

 Nakajima_20170114_01_TM.JPG
 ダンテ・カーヴァーさんは2006年
 ボーダフォンから
 ソフトバンクになることを伝えるCMと
 AQUOSケータイのコマーシャル
 予想外(予想GUY)に引き続き出演。

 白戸家シリーズはこの10年
 レギュラーメンバーのほか
 その時話題の人を次々に取り込み
 数多くの人が出演。

 この日の「しんやの部屋」のゲスト
 小日向文世さんも2015年から
 悪代官役などで登場しました。

(中島)「ゼロから作り上げる
     エネルギー、
     それをお茶の間に定着させる
     クリエイティビティは
     尊敬に値する――、歴史に残る
     シリーズだと思います」




  妄想五・七・五

  今週の優秀作品

 寒くない 君がいるから 寒くない
  (さいたま市 RN・三橋のマイケルさん)

 mousou_20170114_120x718.jpg
(中島)「ちょっと切ない・・・
     切なくないか」


(小尾)「温まってますからね」

  今週の TOTO賞
 TOTOがトイレやお風呂など
 『ホっとする場所』を提供していることから
 「妄想五・七・五」への投稿の中から
 "ホッとする妄想"1作品を「TOTO賞」に決定!

 ごめんなさい 座っていたら 寝てました
  (川越市 RN・敬老親父マラソンマンさん)

(中島)「わかりますよね。
     便座の気持ちよさが。
     本当にわかるなぁ。
     徹夜明けとかでね、
     座ると・・・あきません」


 Nakajima_20170114_02_mousou.JPG
 あなたの「妄想」や「願望」
 「ふと気づいたこと」などを
 五・七・五で表現してください。

 ■宛て先:ana@joqr.net「妄想五・七・五」の係

 「優秀賞」に選ばれた方には中島さんが
 作品を短冊に書いてプレゼント!
 投稿が採用された方には
 TOTO「トイレ川柳」
 上位句の作品が印刷された
 トイレットペーパー型
 川柳集を差し上げます。
 "ホッとする妄想"「TOTO賞」
 輝いた方には、リトルベン
 キーホルダーをプレゼントします。

 toiletpaper_284x200.jpg Little_BEN_01_360x480.jpg
 TOTO住宅ストック循環支援事業について
 詳しくは こちら をご覧ください。


  プレゼン!
 プレゼンターが今話題の何かを"プレゼン"し
 中島さんが★(星1~3個)の数で判定します。

 この日は文化放送
 砂山圭大郎アナウンサーが
 カセットテープ専門店をプレゼン!

 取材に訪れたのは
 中目黒にある 『waltz』(ワルツ)。

 オーナーの角田さんが
 1万本ものカセットテープを
 コレクションしていたことや
 アナログメディアの再評価が
 世界的に進んだことなどから
 新しい自己表現ができる――と考え
 2015年にオープンさせました。

 presen_20170114_Sunayama_01.JPG
 店内には、ロックやホップス、
 ブラックミュージック、ジャズなど
 洋楽のミュージックテープが
 5千本ほどが並び、
 70~90年代にリリースされた旧譜のほか
 新譜の取り扱いもあります。

 (価格は、旧譜2,200円程度 / 新譜1,500円程度)

 presen_20170114_Sunayama_03.JPG
 また、リペアされたラジカセ、
 ウォークマンなども販売しているほか、
 ハードウェアの修理にも対応。

 客層は、10代~70代と幅広く
 年配の方は「懐かしいもの」として、
 カセットテープを知らなかった
 若い世代は
 「新しいメディア」という感覚で
 カセットテープで聴く音楽を
 楽しんでいるのだそうです。

 presen_20170114_Sunayama_02.JPG
 そして、アーティスト側は
 簡単に曲を飛ばせない
 (先送りできない)ことから
 「曲をじっくり聴いてもらえる」ことを
 カセットの魅力として捉えています。

 presen_20170114_Sunayama_05.JPG
(砂山)「ツェッペリンのジャケットを
     見ると、当時の音で聴くと
     その当時の
     "時代"も聞こえてくるような、
     そんな感じもするんじゃないか
     と思います」


  中島信也の ★判定

 『★★半』(星二つ半)

(中島)「(マイナス)0.5は
     ちょっと行ってみたいな。
     
(行けば星三つ)


 しんやさんはウォークマンの発売により
 LPアルバムの代わりに
 カセットテープを買うことも
 多かったそうです。

 waltz(ワルツ)
 ■住所:東京都目黒区中目黒4-15-5
 ■電話番号:03-5734-1017
 ■営業時間:13~20時
 ■定休日:月曜日
 ■交通:「中目黒駅」から徒歩 約10分
 ■ウェブサイト: こちら



  1月14日 お送りした曲

 ◆恋はあせらず / フィル・コリンズ
 ◆WINDING ROAD / 絢香×コブクロ
 ◆イージュー★ライダー / 奥田民生
 ◆ジョリーン
   / オリビア・ニュートン=ジョン
 ◆ダイナ/ 吉田日出子
 ◆ダンス・ウィズ・ミー
   / オーリアンズ


 小日向文世さんをお招きした
 ゲストコーナー「しんやの部屋」
 「週刊 那須スタイル」の模様は
 別記事でご紹介します。

 『中島信也のクリエイターズコラム』
 ポッドキャストでお聴きいただけます。

 この日の話題は
 二人のグラフィックデザイナー
 仲條正義さんの
 「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」
  (というタイトルの企画展)
  (会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
 「中村至男展」
  (会場:クリエイションギャラリーG8)
 について。

  ♪ ポッドキャストで聴く ♪
   (ブラウザで直接再生)

 ポッドキャスト PODCAST QRこちらから

 ラジコタイムフリー聴取機能
  こちらから この日の放送を
  オンエアから1週間
  お聴きいただけます♪♪

 ※ このページに掲載の内容は放送日時点のものです

ゲスト・小日向文世さん

 1月14日のゲストは
 俳優の小日向文世さん。

 昨年NHK大河ドラマ『真田丸』
 豊臣秀吉を演じ、お茶の間に
 新たな"秀吉像"を印象づけた
 小日向文世さんに
 『真田丸』での秀吉の演じ方や
 来月公開の主演映画
 『サバイバルファミリー』のことなどを
 伺いました。

 Kohinata_Fumiyo_20170114_01_480x360.jpg
  "小日向秀吉" 名シーン①

(中島)「どんな人よりも
     怖く思いました」


 『真田丸』では、
 子どものように無邪気だけれど
 怒るとゾッとするほど怖い、
 強烈な秀吉を演じられました。

(小日向)「(演出の)三谷(幸喜)さんが
      "黒小日向・白小日向"って
      言うんですけど、秀吉に
      関しては、そこを思う存分、
      書き出してくれたんだろうな
      という・・・」


 Kohinata_Fumiyo_20170114_05_320x240.jpg
 秀吉の"表情の変化"についても
 台本に盛り込まれていたそうです・

(小日向)「そこはしっかり
      意識して演じました」


(中島)「演技なのかどうなのか
     わからない・・・」


 Kohinata_Fumiyo_20170114_03_360x270.jpg
 小日向さんの
 好きなシーンは・・・
 信繁との屏風の場面。

 秀吉の部屋のそばの「屏風」のところで
 二人の"出会い"が描かれ、
 秀吉の晩年、認知症の症状が出始めた頃
 もう一度そこで・・・

(小日向)「三谷さんが
      そう書いてくださったのが
      本当に嬉しかったんですけど
      
(出会った時と)同じような
      会話が始まるんですね。
      晩年の秀吉とそれを見つめる
      信繁の温かい眼差しが
      本当に嬉しかったです」


 Kohinata_Fumiyo_20170114_09_240x320.jpg
  "小日向秀吉" 名シーン②

 秀吉の最期は
 ベッドから転がり落ち、
 たった一人で息絶える・・・というもので
 台本には「息絶えた後に涙が流れる」と
 書かれていました。

 小日向さんはリアルに涙を流すのは
 「無理だと思った」そうで目薬を使用。

 しかし「長回し」での撮影だったため
 目薬が途中で流れ出てしまいます。

 それでも・・・

(小日向)「4テイク目くらいで
      とにかく"ひと筋でも"と
      思って集中していましたね。
      目に力を入れて
      見開いていたら奇跡的に
      スーっと落ちたんです」


 Kohinata_Fumiyo_20170114_07_320x240.jpg
 しんやさんも「まさか!?」と感じた
 まさに名場面!

  『サバイバルファミリー』

 小日向さんが主演する映画
 『サバイバルファミリー』
 2月11日(土)公開されます。

 ある日突然、電気が消滅した世界を
 舞台にしたサバイバル映画で、
 小日向さんは、廃墟寸前の東京から
 脱出を試みる鈴木家のお父さん役。

 妻(深津絵里さん)の実家がある
 九州へ自転車で向かう中で
 様々な困難に直面します。

 最も大変だったシーンは
 冬の寒さが厳しくなる頃――
 11月下旬に天竜川に入った場面。

 ドクターも待機したという
 この撮影は、あまりの水の冷たさに
 矢口史靖監督を
 「鬼だと思った」そうです。

 Kohinata_Fumiyo_20170114_06_320x240.jpg
 「とても一人じゃ乗り越えられない」
 「家族がいたから耐えられた」

 という"サバイバル"――。
 実生活では、奥様と二人の息子さんとの
 4人家族の小日向さんは
 映画を通じて"家族の大切さ"を実感。

(小日向)「家族は
      大事にしていかないと。
      特に女房は。
      これが夫婦仲が悪いと
      
(実際に過酷な状況に直面したら)
      途中で捨てられちゃうんじゃ
      ないかなと思いますね」


  ハグの習慣

 しんやさん、小尾ちゃんが驚いたのが
 小日向さんが家族で行う「ハグ」

 お子さんを幼稚園に送り出すときに
 玄関で"ハグ"をする習慣が、
 大学生に成長した今でも
 続いているそうです。

(小日向)「特に"おやすみ"の時
      ハグしてますね。
      『お父さん、おやすみ』って
      来てくれるんですよ」


(小尾)「すてき!!」

(中島)「それ、American Family です。
     今から見習えないな、
     うち24歳と29歳ですけど・・・
     ・・・いや、無理だな」


 Kohinata_Fumiyo_20170114_04_360x270.jpg
  小日向文世さんの最新情報

 映画『サバイバルファミリー』
 ■2月11日(土)公開
 ■公式サイトは こちら

 小日向文世さんのプロフィール・情報は
 FATHER'S CORPORATIONのサイト
 ご覧ください。

  ♪ ポッドキャストで聴く ♪
   (ブラウザで直接再生)

確かな土づくりのために...『週刊那須スタイル』

QRnasu20170114_02.jpg

 きょうは、『関東農産』経営企画室の佐藤陵さんに、関東農産が取り組んでいる「土づくり」について、お話しを伺いました。

 

スクリーンショット 2017-01-11 11.33.44.png


 トマトが通常の2倍収穫できるシステムを開発し、現在、沖縄や東南アジアで実証実験している「施設演芸栽培」。
 土から学んだ技術を活かして、画期的ともいえる栽培法といえるようです。

products_5-2_photo03.jpg


 また、関東農産では、定期的に「土づくり研究会」を開催して、良い土づくりを目指した製品を提供し続けるため、様々な分野でのエキスパートの方々を招き、生産者の皆様に「土づくり」を通して、日頃の悩みや成功事例などが真剣に情報共有できる場を提供しているそうです。


hdr_logo.jpg

新元気ナスタ_リサイズ.jpgのサムネール画像

『関東農産』では、安心・安全な農作物の栽培には欠かせない「土づくり」のために、汚泥や焼却灰を原料に使用せず、「米ぬか」や「おから」など、良質な天然資材だけを使った有機肥料を開発・製造しています。
 これまでも、これからも美味しい農作物のために農家さんを応援します。

『関東農産』について詳しくは、公式ウェブサイトをご覧ください。

QRnasu20170114_01.jpg

画像提供・拝借 

関東農産HPより

TOPへ戻る