番組ブログ

第610回 父を追って逝ってしまった母

亡くなった夫を、追いかけるように
逝ってしまった母...
家族の時間を聞いていると、
泣けてきてしまう...というメッセージをご紹介しました。
「改めてご冥福をお祈りいたします。
このパターン。多いんですよね。
うちの親父も、お袋が亡くなったあと、心配したんですけど
施設に入って復活しました。こういう形もあるんですね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年7月28日 17:00

第609回 娘が足の指で扇風機のスイッチを...

4歳の娘が、自分の真似をして
扇風機のスイッチを足でつけていた。
小さなことでもきちんとしなきゃいけない、と、
子どもに教えられたといううメールをご紹介しました。
「子どもは見てますよね。
どきっとすることが多いです。
俺のおばあちゃんは凄く厳しかったので、
とても感謝してます!」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:子育て日記 2017年7月27日 17:00

第608回 介護センター通いで性格が変わった!

頑固者だった父親が、介護センターに通うようになり、
友達ができて、朗らかな性格に変わった...という
メッセージをご紹介。
「家にいる時と変わるもんですよね。
うちの親父も施設に入ったら、
家にいる時と打って変わって社交的になりました。
きっかけがあると変わるんですよね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:まごころ介護録 2017年7月26日 17:00

第607回 裕次郎の歌が好きだった父

父を亡くして一年という息子さんからのメッセージ。
最近はカラオケで父の好きだった裕次郎ナンバーを歌って
泣いている...とのこと。
「俺もボスの歌を歌うとジーンと来ます」
ちなみに徹さんが親で一番忘れられないのは、
夜中に筋子を咥えたまま振り返ったお母さんの姿だそうです。
「妖怪かと思いました(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月25日 17:00

第606回 今日までお疲れ様

今回は新聞掲載の投稿をご紹介。
現在、第一子を出産して育休中という女性が、
産前産後の夫の優しい心遣いに感謝する、という内容でした。
「ここぞという時の優しさは大事ですよね。
体調を崩した時の女房の優しさ...
でもそんなことを忘れて凄いケンカになることもある。
その繰り返しで、いい夫婦が出来上がっていくんじゃないでしょうか」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:我が家の家族自慢 2017年7月24日 17:00

第605回 私は母が苦手です。でも...

お母さんが完璧すぎて苦手。
でも、本当に感謝しています...という
娘さんからの本音のメールをご紹介。
「親ってのはねえ...偉大ですよね。
いつまで経っても。俺も、まだまだ親父にはかなわないなあ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年7月21日 17:00

第604回 優しい気持ちを育てる

動物好きだった娘に懇願され、
捨て犬を飼い始めることになった家族。
やがて難しい年頃となった娘は
親と衝突すると、犬と時間を過ごし、癒されていた...
「うちも犬が2匹いますが、子どもも大きくなってくると、
その2匹が中心に家が回るようになりますよね...」
ちなみにお名前は「シュガー」と「「コーン」!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:子育て日記 2017年7月20日 17:00

第603回 自分より父の看護を優先した母

がんに侵されていながら、
やはり死の床に伏していた父の看病のため、
自分の治療を後回しにしていた母...
そして父の死後間もなく世を去ってしまった...
「在宅で亡くなられる方は55%とか。
でも自分で亡くなりたいと思っている方は8割、9割。
なかなか難しいことではあるでしょうけれど、
自宅で過ごすお年寄りは余命が伸びる傾向があるそうです。
やっぱり家族の力なんですね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:まごころ介護録 2017年7月19日 17:00

第602回 父が残した畑の小屋

とても器用で何でも自作していたお父様。
いま使っている畑の2坪ほどの小屋も父の作。
もう35年も経って、建て替えの時期だが、
父のの匂いを感じるただ一つの場所だけに、
壊すこともできません...というメールをご紹介しました。
「昔のお父さん何でも作っちゃってたイメージありますよね。
台所の床板を直したり、台風が来ると窓に板を打ち付けたり。
金槌と釘を使う機会、いまに比べると多かったですよね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月18日 17:00

第601回 お風呂で孫4人が大騒ぎ!

愛媛県の女性からの投稿をご紹介。
四人の孫が遊びに来て、一度に風呂に入れた時、
「ばあばのぽんぽこお腹ヤバいよ!」と一人が言い出すと、
みんなでお腹をポンポコポンポコ...と叩いて歌って、
それはもうタイヘンな騒ぎでした...
「すごいですね、4人のお孫さんと一緒にお風呂ですか。
子どもってきっかけ作ると、いくらでも同じことやらされますよね。
俺も子どもたちが小さい頃は、先に湯船に入れられて、
そこに後から子どもたちが入ってきました。
ぽんぽこお腹ですから、体積が大きい、
お湯の節約になるんですね」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:我が家の家族自慢 2017年7月17日 17:00

第600回 相田翔子さんを迎えて その5

金曜日は恒例、お母様のお話を伺います。
「12年前に亡くなりました。
還暦になったばかりで...
サプライズパーティーをやったのがいい思い出になりました」
どんなお母様だったんですか?
「父も厳しかったけど、
母もそれに負けず劣らず厳しい人でした。
高校生のときに、好きな人ができて、
帰りが遅いと玄関前で待ち構えていて、
箒の柄でガンガン叩かれたりしました。
基本は優しい人でしたけど」
ママさんコーラスをやっていて歌が好きで...というお母様。
「肉団子スープが大好きでした。
すごい美味しくて、家族で取り合って」
ちゃんとお母さんの味出せていますか?
「父に作ってあげると、喜んで食べてくれています」
s-image3.jpg

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:ブログ 2017年7月14日 17:00

第599回 相田翔子さんを迎えて その4

4日目は5歳になるお嬢様の話を伺います。
「いつも徹さんの家の前を手をつないで歩いてます」
ちょっと早く産まれたので保育器に入っていたお嬢様。
「しばらくして見に行ったらスベスベで、ずっと撫でていたんです。
義理の母(司葉子さん)がイチゴ大福を持ってきてくれて、
それを食べようと思って触ったら、
あ、さっきの感触と一緒だ!」
生まれたての赤ちゃんとイチゴ大福の感触は同じらしいです(笑)」
それから5年、いまお嬢様は、
翔子さんのご主人の趣味のスキーに夢中!
「スキーの3級に受かりました。
パラレルターンがちゃんとできます」
「それはすごい!」
すごいひょうきんでたくましいというお嬢様。
「いまのままで、素直に育って欲しいです!」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:ブログ 2017年7月13日 17:00

第598回 相田翔子さんを迎えて その3

今回は相田翔子さんの子ども時代のエピソード!
wink時代はとてもシャイな感じだったけど、
子ども時代は?
「幼少期は活発で家にいなかったですね。
男の子たちと泥だらけになって、ケイドロやったり、
お転婆でしたねー。100円玉握って隣町まで行って
帰れなくなったこともありました。好奇心旺盛だったんですね」
中学生時代は女子プロレスにハマっていたという翔子さん。
「クラッシュギャルズの全盛期で、追っかけみたいなことしてました。
鉢巻きして、声援送って」
女子プロレスのテストを受けようと思っていたという中学生時代。
「カッコよかったですよね。あのリングに立ちたかったです」
ベビーフェイスでもヒールでもどっちもやりたかった!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:ブログ 2017年7月12日 17:00

第597回 相田翔子さんを迎えて その2

二日目は翔子さんのお父様の話を伺います。
「東京は東村山の出身です。自然豊かなところでしたけど、
今は家が立て込んでしまいましたけど。
毎日河原でターザンごっこをして遊んでました」
「父は自営業で、タイル工事の会社を自営していました。
朝早くから職人さんがたくさんやってきて。
人が集まっていつも賑やかでしたね」
「父は厳しくて厳しくて、それが嫌だったんですけど。
自分が子どもを持って、本当に心配性だったんだな、と」
ちょっと遅くなると玄関に仁王立ちで待っていたお父様。
「モノは買ってくれなかったけど、
本ならいくらでも買っていいぞって、だから本はずいぶん読みました」
そんな厳格なお父様はもちろん芸能界入りに大反対!
でもwinkとしてデビューしたときは、
会社のトラックにポスターを貼りまくって大宣伝してくれたそうです!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:ブログ 2017年7月11日 17:00

第596回 相田翔子さんを迎えて その1

s-image2.jpg
今週は相田翔子さんをゲストに迎えてお送りします!
「すごく楽しみにしてきました!」という翔子さんですが、
実はお住まいが徹さんのすぐご近所!
「なんかお家に帰ってきたみたい」と笑顔。
「翔子ちゃんがすごいなと思うのは、
音楽活動がアイドルに留まっていないんですよね。
一時ボサノバに夢中になって、
セルジオ・メンデスにプロデュースしてもらったりしてて」
「そうなんです。あの世界が凄く好きで...」
デビュー当時からお世話になりました、という翔子さん。
「そんな翔子ちゃんもいまお母さんで」
「そうなんです。娘も5歳になりました」
近くで消防車のサイレンが聞こえた時に、
外に出てったら翔子ちゃん夫婦も出てたよね...と
ご近所話がサクレツ!

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:ブログ 2017年7月10日 17:00

第595回 寄り添い、信頼関係築く

想像とはまったく違っていた長男の育児。
恐る恐る診断を受けてみると「自閉症」、
落ち込み、涙にくれる毎日だったが、母に
「自分の子の力を信じなくてどうするの」と言われて目が覚め、
長男の訴えに耳を傾け、信頼関係を築いていった...
という、新聞掲載の投稿をご紹介。
「いろいろご苦労があったんでしょうね。
でも映画のレインマンにあるように、
ある部分では秀でているというものがありますよね。
優劣ではなく、一人一人のそういうところを大切にしていく、
そういう社会がいいんじゃないでしょうか」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:母へ、そして母から 2017年7月 7日 17:00

第594回 子どもたちにつらくあたってしまった

小学校PTAの役員になってしまって大忙し、
イライラして子どもたちを怒鳴ってばかり、
子どもたちは「お母さん怖い」とおばあちゃんに泣きついたり。
「学校に通うようになると、楽になるかと思えば
いろいろそれに伴う用事も出てきてしまうんですよね...」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:子育て日記 2017年7月 6日 17:00

第593回 90歳になった母

お母様が90歳で大手術を経験、
なんとか退院できたものの、
要介護3、身体障害者4級で、
週2回、訪問看護を受けながら頑張っています...
「それでも退院なさったのは凄いと思います。
ご本人のがんばりもあったんでしょうね。

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:まごころ介護録 2017年7月 5日 17:00

第592回 練り製品が食べられない夫

練り製品がダメな夫。
子どもたちが小さい時は
「家がカマボコ屋さんだったから、
小さい時に一生分食べてしまった」と
言っていたが、最近ではあきれられている...というお話。
「まあ、嫌いなものはしょうがないですよね。
うちの親父もね、長ネギの生が嫌いなんですよ。
生ネギは風邪をひくんだ、って言うから、
俺もずっとそう信じ込んでいたんですよ(笑)」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:父親奮闘記 2017年7月 4日 17:00

第591回 母の味は再現不可能

46歳で突然、この世を去った母。
料理のレシピは残っているけど、
どうしても同じ味にはならない...という
男性からのメールをご紹介しました。
「母親の味。出ませんね。
それも簡単な料理ほど出ないですね...
やっぱり最後の愛情が足りないのかなあ」

【渡辺 徹 家族の時間】 テーマ:我が家の家族自慢 2017年7月 3日 17:00
TOPへ戻る