2018/2/09

NY株、一時1000ドル安 金利上昇への懸念再燃

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落して一時、前日と比べた下げ幅が1000ドルを超えた。米長期金利が上昇傾向となったことに投資家が懸念を再び強め、売り注文が加速した。
 午後2時現在は、412・30ドル安の2万4481・05ドル、ハイテク株主体のナスダック総合指数は114・67ポイント安の6937・31。
 金融引き締めペースの加速が意識され、米長期金利の指標となる10年債利回りが一時、2・884%まで上昇。ダウ平均が過去最大の下げ幅を記録した5日の水準に長期金利が接近し、市場に動揺が広がった。

内容を読む

関連ニュース 

タイムテーブル