佐々木舞香・野口衣織  “ジブリ飯” 妄想トークが炸裂!

佐々木舞香・野口衣織 “ジブリ飯” 妄想トークが炸裂!

Share

 

【「推しをあつめて」5月8日OAレポート】

アイドルグループ「=LOVE」のメンバーの中で、アニメ好きの2人”佐々木舞香・野口衣織(#いかりんぐ)”が、大好きなアニメ・アニソンを語り尽くす番組「=LOVE 佐々木舞香・野口衣織の推しをあつめて」。(#推しあつ)買い物客(佐々木さん)と不思議な似顔絵屋(野口さん)のやりとりが笑いを誘ったオープニングドラマからスタートした第6回。

最初の話題は母の日トーク。アニメに登場する好きなお母さんキャラで盛り上がりました。野口さんは男性キャラの燭台切光忠(刀剣乱舞)を挙げ、「めっちゃおかんなの(笑)。母性があふれていていろんな刀たちにごはんを振舞ってる。ママ感と包容力があるから、私はママだと思ってる。いつもありがとう!燭台切光忠」と熱い推しトークを展開。

一方、佐々木さんは、のび太のママ(ドラえもん)、みさえ(クレヨンしんちゃん)を「お母さんらしいお母さん。すごくしっかりしてる」と話しました。

また、マイメロディのママもかわいらしい見た目ながら意外に物事をズバズバいう“ダークママ”だとふたり。野口さんは、佐々木さんのマイメロディのママのモノマネが好きと言いながら、自分で披露してしまうハプニングも。

 

リスナーから「曲も含めて最高だったアニメ作品」についての質問が。「『けいおん!』はOPもEDもアニメの中のキャラクターが歌っててすごく好き。曲が作られるまでの過程も見える」と佐々木さん。

「『ラブライブ!シリーズ』はアニメの中でキャラクターたちが今しかない時間を使ってみんなでひとつの曲を作ってるところが感動する。歌詞がその子たちとリンクするじゃん。何回聞いても泣いちゃう」と野口さん。実際にアイドルとして活動するふたりは、ラブライブ!シリーズのキャラクターの心情と重なる部分もあり、ついつい感情移入してしまうようです。

アニメに関する2択コーナー「ねえねえどっち?」では熱い“ジブリ飯”トークを展開。テーマは食べてみたいのは『ONE PIECE』の肉か『天空の城ラピュタ』のパズーの目玉焼きトーストの2択。ふたりとも目玉焼きトーストを選び、ジブリ飯は死ぬまでに一度食べてみたいという佐々木さんの一言から“ジブリ飯”トークがスタート。「『ハウルの動く城』の目玉焼き、『千と千尋の神隠し』のハクが作る塩むすびもおいしそう」と野口さんが言うと、ハク好きの佐々木さんが「おいしそうだよね。ハクがお食べって言ってね」とおにぎりを握るマネをし始め、ふたりの妄想トークは止まらず脱線モードに。

今回オンエアされた楽曲は、5月12日発売の=LOVE の1stアルバム『全部、内緒。』より「桜の咲く音がした」、アニメ『ラブライブ!』よりμ'sの「それは僕たちの奇跡」でした。

 

☆オリコン週間アルバムランキング初登場1位おめでとう!☆

Share

関連記事

この記事の番組情報


=LOVE 佐々木舞香・野口衣織の推しをあつめて

=LOVE 佐々木舞香・野口衣織の推しをあつめて

土 26:00~26:30

=LOVEのメンバーの中で一番アニメ好きな佐々木舞香と野口衣織によるアニメ・アニソン愛を語り尽くす30分。

ページTOPへ