諏訪ななか、キミまち!に来ているのは「〇〇担当」の自分?!キミまち!11月6日レポート

諏訪ななか、キミまち!に来ているのは「〇〇担当」の自分?!キミまち!11月6日レポート

Share

11月6日(土曜日)夜の7時から生放送の「A&Gリクエストアワー阿澄佳奈のキミまち!」に声優の諏訪ななかさんが出演。11月24日に発売されるセカンドミニアルバム「Winter Cocktail」について語った。
1曲目の「ふれてみたい」については、「これまでに出してきた『〇〇たい』シリーズ(『溶けるみたい』『揺れていたい』)のシリーズ3部作最後の曲」「話がつながっていて、主人公が同じ」ということを明かした。
2曲目はmarbleの楽曲提供・サウンドプロデュースによる「記憶ファンタジック」。こちらについて諏訪さんは「marbleのリーダーの阿澄さん…」と、生粋の阿澄ファンの一面を見せ、笑いを誘った。その阿澄は「ななかさんとmarbleさんがお話しているのが不思議で新鮮…」「(対談を)映像で見てみると感慨深いものがあった」とコメント。こちらの模様は初回限定盤のブルーレイで見ることができる。
そして「記憶ファンタジック」のミュージックビデオの話題へ。アシスタントの青木佑磨が「諏訪さんはラジオで会うとおっとりしたイメージがあるんですけど、ミュージックビデオではバキバキのキメ顔をきめてくるんですよ!」「何のモチベーションの差なんですか!」と問いかけると、諏訪さんは「私の中の違う人が担当している」と述べ、「MV撮影の人と、ライブに行く人と、日常を過ごす人と…」と細かく分類をはじめた。青木が「(ラジオの生放送に出演している)今は?」と問うと「…日常の人」と思わぬ返答。この一言にはスタジオの中も外も、そしてSNSも笑顔に包まれた。
さらに「DATE-ALAMODE」「ノスタルジック・キネマ」「Holy holiday」についても曲の個性を詳しく解説。11月23日(火曜日・祝日)に、は立川ステージガーデンで行われる2ndライブ<Nanaka Suwa 2ndLIVE ~LIVE FANTASIC*~>については「意外と踊る」と期待を膨らませる一言を添えてくれた。
11月6日の「キミまち!」は、11月13日の深夜まで聴取可能。そして、「友達に教える」というボタンを押すことで、リンクをSNSでシェアしたり、友達に送ったりすることが簡単にできる。8時のゲストパートではミニアルバムについて詳しく話を聞かせてくれた諏訪さんだったが、8時直前の時間帯に「とあるお菓子」で意外な盛り上がりを見せている。また、「Winter Cocktail」の「Cocktail」はどんな意味が込められていたのか、これは諏訪さんが登場する7時過ぎに話されているので、ぜひ冒頭からお楽しみいただきたい。
radikoのタイムフリーで番組をシェアをすると、番組のハッシュタグが自動的につく。パーソナリティや番組スタッフが目にする確率が高いので、好きなラジオ番組への熱い想いを添えてシェアしてほしい。(番組構成作家・大村綾人)

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ