箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

学生連合チーム 取材後記

2020.12.13

箱根駅伝には、自チームの襷を掛けずに走る10人の選手がいます。

関東学生連合チームです。

学生連合は、箱根出走経験がない選手の中から各校1人、予選会の成績がよかった選手が選ばれます。

メンバーは16名。16の大学から集まった、最初は顔も名前も知らないライバル同士が、予選会から2ヶ月と少しでチームになります。

「なります」という表現は適切ではないかもしれません。

というのも、学生連合チームに取材をさせていただき、この記事を書いている12月13日の次点では、まだチームとは言えない雰囲気を感じたからです。

正確に表現するなら「チームになろうとしている」と言った方が良いでしょう。

今回チームを率いるのは筑波大学の弘山勉監督。

弘山監督は前回大会、チームを26年ぶりに箱根路に導きました。

今回は予選会次点となり、学生連合チームの監督をオファーされました。

しかし、「学生連合は箱根未出走の選手」という条件で、学生連合に筑波大学の選手はいません。

弘山監督も当初は引き受けるか否かを迷ったとのこと。

それでも前を向く弘山監督は、学生連合の存在意義について語ります。

第95回大会で箱根を走った相馬(崇史=現4年生)が、「ものすごい大会だ」と言って大興奮でチームに帰ってきた。

その代が「本気で箱根に出たい」と言ってチームを変えた。それはまさに学生連合があったからこそ。

箱根を走った選手の熱は、それがたった一人でもチームを変えます。さらに

特別な枠が与えられ、それはたった1枠と言え16大学。

給水、OB、教職員、学生...さらにその裾野の人数を考えると、ものすごい数。

この1枠のおかげで多くの人が箱根駅伝に参加できる。

学生連合チームの存在意義を、身をもって感じた弘山監督は熱く語りました。

弘山監督、この大会への抱負は

各選手がチームに興奮を持って帰って、

ライバルチームが強くなったとしても

『今回学生連合チームに参加してよかった』と言ってもらえるチームにすることが目標

シード権獲得相当の目標とともに、それぞれがどれだけ大きなお土産をチームに持ち帰るのか。

箱根駅伝当日は、

母校のユニフォームに学生連合の白い襷をかけて、それぞれの思いを運びます。

97回学生連合チーム.jpgのサムネイル画像

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.