箱根駅伝出場大学応援ラジオ 箱根駅伝への道

毎週火曜~金曜 「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI! OverTime」 内 18時30分過ぎ~ 放送中!
文化放送では、駅伝シーズン到来の10月から大学長距離アスリートを総力取材!
この番組は箱根駅伝を目指す大学、学生ランナー、そして選手を支える関係者を応援し、紹介していく番組です。

往路終了後 日本体育大学・玉城良二監督

2021.01.02

―往路15位という順位を受けて

順位はできればシード権内が理想だったわけですけれども、シード権内の学校と1分半ちょっとということで、明日にはわずかながらつながった駅伝だったかなと思っております。

―良かった点

やはり1、2区で上位争い、先頭争いのところを走らせてもらったというのは非常にいい経験になりますし、自信にもなったと思います。

―改善点

やはり各区間、後半、ラスト3キロくらいの詰めの甘さというか、勝負弱さというのはちょっとやはり出てしまったなというのは感じています。

―レース後選手にはどのような声をかけたか

選手は今日の中でいろいろ思いはあるでしょうけど、やってきたことを出せるこの夢舞台を与えていただいて、ほんとにそういう思いで走ったということを競技人生や人生に生かしていってほしいなという風に思っています。

―就任から見てきて今日の選手の走りはどのようなものだったか

冷静に考えると、出たのが力だと思っていますので、やはりこれが力だったのだろうなと受け止めております。

―無観客、特別な状況での開催。73回出場という伝統校としてどう思うか

ほんとにこのような社会情勢のなかで大会を企画運営していただくのは今まで以上に非常にご苦労をされていたと思います。そういう思いを選手ともども明日のゴールまでしっかり駅伝をすることで恩返しになればと思いますし、学生も一生このようにいろんな方々のおかげだという気持ちは忘れないで人生の糧としてほしいなと思います。

―創価大の初の優勝についての考えは

昨年の成績だとかトラックのタイムだとかそういうことに関係なく、創価大さんが素晴らしい駅伝を見せてくださって、逆に我々どこの大学にもやればできるという明るい希望をあたえてくれたのではないかなと思っています。

―明日の復路に向けて

1キロ、1秒というような気持ちを大切に、必ずシード権を獲得してくれるものだと信じています。

  • トヨタ自動車
  • SMBC日興証券
  • NTTドコモ
  • 大和ハウス工業
  • サンスター
  • 國學院大學
  • 文化放送箱根駅伝実況生放送
  • スポQ 文化放送スポーツ
  • FM91.6MHz AM1134kHz 文化放送 JOQR

© Nippon Cultural Broadcasting Inc. All rights reserved.