「いらないもの」に価値がある!メルカリ国内外で好調な要因 ~6月24日「おはよう寺ちゃん」

「いらないもの」に価値がある!メルカリ国内外で好調な要因 ~6月24日「おはよう寺ちゃん」

Share

6月24日放送の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)の一場面にて、フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリが2021年6月期の連結最終損益が50億円の黒字になる見込みと発表した件が取り上げられ、番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと、木曜コメンテーターでストラテジストの嶋津洋樹氏が議論を交わした。

アメリカでも知名度向上

メルカリ社は2018年の株式上場以来、初の黒字となる。なお前期は227億円の赤字であった。国内取引が好調な要因は中高年の利用者増によるものが大きいようだ。課題のアメリカではNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の王者決定戦「スーパーボウル」にCM出稿したことで知名度が上がり、収益改善に繋がったという。

 

「メルカリの勢い、すごいですね」との寺島アナに、嶋津氏も「すごいですね」と共に驚き・賞賛の反応。両氏ともにメルカリを使ったことはないそうだ。嶋津氏は続けて、「(僕は)なんでも溜め込むほうで、家にはいらないんじゃないかと聞かれたら答えきれないようなものが、たくさん溜まっていくタイプ」とも語った。事業好調の理由に関しては、「在宅を機に(いらないものを)見直したりとか、暇があるので掃除したりとかする中で、あと引っ越しが増えていたりもするので、それを機にということなんだろうなと思っています」と分析した。

 

また、嶋津氏は「(メルカリでは)自分はいらない、ゴミと思っていたものに値段がついたりする」とその特徴に触れ、トイレットペーパーの芯がメルカリで販売された事例を紹介した。「子供が夏休みの課題に使うということで、出したらすごい売れたという話があったと思います」(嶋津氏)

 

寺島アナは知人の例を紹介。一気読みした話題の本(きれいに保管された状態)をメルカリで売却しても(買った時と)値段が変わらない、と伝えた。書物を多く所有しているが、たくさん読むので汚れていると嶋津氏から聞き、「多少値段が落ちたとしても(本が)売れるなら良いですよね」と切り出した寺島アナだったが、「(嶋津氏自身は)取っておきたいタイプですね」とニッコリ。

 

「これだったらメルカリに出してみようと思うものは何ですか?」との寺島アナから質問が飛ぶと、「20年くらい前の服」と回答した嶋津氏。「大学時代に着ていた服がまだあるんですよ。ブランド品ではないけれどそれなりのものです」というが、捨てる・売るなど処分しない理由を尋ねられると、「いつか着れるかなと思って取ってあります」(嶋津氏)。

 

 

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。 またYouTube公式チャンネルではLIVE配信と、放送後にアーカイブでお楽しみいただけます。

【公式】文化放送 おはよう寺ちゃん – YouTube

2021/06/24/木 05:00-06:00 | おはよう寺ちゃん 5時~6時 | 文化放送 | radiko

2021/06/24/木 06:00-07:00 | おはよう寺ちゃん 6時~7時 | 文化放送 | radiko

2021/06/24/木 07:00-08:00 | おはよう寺ちゃん 7時~8時 | 文化放送 | radiko

2021/06/24/木 08:00-09:00 | おはよう寺ちゃん 8時~9時 | 文化放送 | radiko

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ