陸上日本選手権を振り返る~PodcastQR「Track Town JPN」

陸上日本選手権を振り返る~PodcastQR「Track Town JPN」

Share

ただ走るだけ、ただ飛ぶだけ、ただ投げるだけでない陸上競技の魅力を。日本唯一の陸上『雑談』専門チャンネル『Track Town JPN』

6月24日から27日に渡って東京五輪の代表選考を兼ねた陸上の日本選手権が、大阪のヤンマースタジアム長居で開催されました。大会期間中、スタジアム近くの特設場所から西本武司さんまっすさん2人で毎日の結果を振り返り、見どころを語りました。

 

 

大会初日のハイライトは男子5000m優勝の遠藤日向選手(住友電工)

ゴール後の涙が印象的でした。

大会2日目の注目は男子100m決勝

多田修平選手(住友電工)が見事優勝、9.95の日本記録を持つ山縣亮太選手(セイコー)が3位に入り共に代表内定を決めました。

 

そしてこの番組にも出演した河村一輝選手(トーエネック)が男子1500mで見事なラストスパートが決まって優勝!

大会3日目で一番盛り上がったのは男子3000mSC。
三浦龍司選手(順大)が8分15秒99を出して日本記録を更新。山口浩勢選手(愛三工業)、青木涼真選手(Honda)も派遣記録を突破して2位、3位に入り見事代表内定!

女子3000mSCは番組内では「萩ちゃん駅伝部」でおなじみ山中柚乃選手(愛媛銀行)が序盤競り合った森智香子選手(積水化学)を振り切って日本選手権初制覇!パリ五輪を目指す新星ですが東京五輪出場の可能性が出てきました。

 

 

そして女子100mHの寺田明日香選手(ジャパンクリエイト)も見事優勝。ターゲットナンバー内ですので東京五輪出場はほぼ確実です。

大会最終日の4日目が男子110mHで泉谷駿介選手(順大)が13.06の日本新記録をマークして優勝。2位金井大旺選手(ミズノ)、3位高山峻野選手(ゼンリン)の3選手が代表内定しました。

 

そして男子800mでは田母神一喜選手(阿見AC)、女子800mでは卜部蘭選手(積水化学)のTWO LAPS TCの2人が優勝しました!

写真はすべてEKIDENNews西本武司さん

EKIDEN Newsさん (@EKIDEN_News) / Twitter

 

 

→最新のTrack Town JPN を聴くならこちらから

Track Town JPN 第65回 2021年6月27日号 – PodcastQR 文化放送 (joqr.co.jp)

 

→Track Town JPN Twitterはこちら

https://mobile.twitter.com/TrackTownJPN

Share

関連記事

この記事の番組情報


Track Town JPN

Track Town JPN

Podcast

その他の主な出演者
CLOSE
その他の主な出演者

ただ走るだけ、ただ飛ぶだけ、ただ投げるだけでない陸上競技の魅力を。日本唯一の陸上『雑談』専門チャンネル『Track Town JPN』

ページTOPへ