政府のコロナ患者入院要件厳格化…二木啓孝氏「とんでもない方針、失政だ」〜8月4日「くにまるジャパン極」

政府のコロナ患者入院要件厳格化…二木啓孝氏「とんでもない方針、失政だ」〜8月4日「くにまるジャパン極」

Share

政府は新型コロナウイルス患者の入院要件を厳しくする方針を発表した。感染が急拡大する地域での入院対象を重症者や重症化するリスクが高い人に限定し、それ以外は自宅療養を基本とするというものだ。そのため、高齢者や呼吸困難、肺炎の症状がある人も自宅療養となる可能性があるという。このニュースを受けて、ジャーナリストの​二木啓孝氏は8月4日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)で「これはとんでもない方針転換、失政だ」と強く批判した。

ニュースを聞いた二木啓孝氏は、このようにコメントした。

二木氏「万が一、コロナに感染した場合、とにかく病院に駆け込むという最後のセーフティネットを考えていたのですが、駆け込まないでねというのが今回の方針転換。とんでもない路線転換でしょ。」

二木氏は、厚労省のガイドラインを紹介し自身の意見を述べた。

二木氏「厚労省のガイドラインには“感染者は個室で過ごすこと。他の家族とタオルや食器を共用しないこと。トイレや風呂は感染者専用が望ましい。共用で使用する際は、その都度消毒・換気を行ってほしい”と書かれている。どういうお家なのよ。」

さらに、二木氏は中等症の認定の問題も指摘する。

二木氏「中等症として認定するのは保健所なんです。ところが保健所はご存知の通り大忙しですよ。そういう中で、このようになってしまったのは失政ですよ。」

そして、二木氏は今回の政府の対応をこのように批判した。

二木氏「私は根本問題として、なんで国会開いてないのか?大きな方針転換については国会で報告して野党と議論して説明しなきゃいけないんです。」

これを聞いた野村邦丸アナは「非現実的なことがまかり通っている中で、いよいよ命の選択が始まろうとしていることはほぼ間違いないと思います。」と言って話を締めた。

<参考ニュース>
政府は2日夕、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を首相官邸で開き、肺炎などの症状がある中等症について重症化リスクが高い人を除き、自宅療養とすることを決めた。家庭内感染の恐れや自宅療養が困難な場合はホテルなどの宿泊療養も可能とする。デルタ株の広がりによって全国の新規感染者が1万人を超える日もあり、病床不足への懸念が強まっており、これまでの原則入院から事実上の方針転換となる。入院対象を重症者などに厳格化し限られた病床を効率的に使うのが目的。ただ自宅療養者が増えれば容体急変時に迅速に対応できない恐れがあり、健康観察態勢の整備が急務となる。
(共同通信ニュースより)

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。二木啓孝氏は毎週水曜日にコメンテーターとして登場。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


くにまるジャパン 極

くにまるジャパン 極

月〜金 9:00~13:00

その他の主な出演者

人生ひとまわり。 2017年1月に還暦を迎えた野村邦丸が27年間在籍した文化放送を退職し、 フリーアナウンサーの道を歩み始めています。 これに合わせて大幅リニ…

ページTOPへ