消毒液が売れなくなってる? コロナ対策商品、販売失速報道の背景は ~8月18日「おはよう寺ちゃん」

消毒液が売れなくなってる? コロナ対策商品、販売失速報道の背景は ~8月18日「おはよう寺ちゃん」

Share

8月18日放送の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと、水曜コメンテーターの経済アナリスト森永康平氏が、新型コロナウイルス対策グッズの販売失速について語り合う場面があった。

店頭入り口で消毒液をつける人が少なくなった?

日本経済新聞の報道によると、新型コロナウイルス対策グッズが売れなくなっているという。スーパーマーケット店頭の2021年8月初旬の販売動向を調べると、手指消毒剤が前の年の同じ時期に比べて8割少なく、万能除菌剤は感染拡大前の水準すら下回っているという。

全国のスーパーおよそ460店を対象に集計する販売時点情報管理データから、来店客1000人あたりの販売金額を抽出。感染拡大前の3ヶ月間の平均を100として、その後の販売動向を週ごとに指数化している。東京都で4度目の緊急事態宣言が出て3週間が経った8月2日から8日、消毒液、消毒ジェルを含む手指消毒剤の売れ行き指数が343。宣言前の7月上旬と比べればやや増えたが、前年の同じ時期に比べると77.8%減。除菌ウェットティッシュ、ハンドソープ、手洗い用の石鹸、除菌スプレーなどの売れ行きも減少していると指摘した。

「感染対策グッズが手に入りづらかった時期もありましたが、これは危機感の緩みなのか、もうたくさん持っているのか、ねぇ?」と心配を見せた寺島アナに対し、森永氏は「ニュースに対してちょっとマニアックなツッコミをすると、まず販売時点情報管理データはPOS(店頭販売)ベースで見ていて、おそらくECサイト(ネット通販)で買っているものはカウントされていないんですね。感染拡大でなるべく外出しないようにしようということで、みなさん結構ネットで注文しています。それがこのデータには反映されていないので、もしかするとネットで買う人が増えて、店頭での売り上げが伸びなかった可能性があります」と指摘する。

続けて森永氏は、「もう1つは、前年同期比で見ていて、去年の今頃は2回目の緊急事態宣言が出ていた時期だと思うので、そこと比べて今売れていないという比較はあまり正しくないというポイントはあると思います」とも指摘した上で「でも私個人の感想を言うと店頭入り口にある消毒液をつける人が少なくなってきた印象はありますね」と話し、現状とデータを考察した。

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。 またYouTube公式チャンネルではLIVE配信と、放送後にアーカイブでお楽しみいただけます。

【公式】文化放送 おはよう寺ちゃん – YouTube

2021/08/18/水 05:00-06:00 | おはよう寺ちゃん 5時~6時 | 文化放送 | radiko

2021/08/18/水 06:00-07:00 | おはよう寺ちゃん 6時~7時 | 文化放送 | radiko

2021/08/18/水 07:00-08:00 | おはよう寺ちゃん 7時~8時 | 文化放送 | radiko

2021/08/18/水 08:00-09:00 | おはよう寺ちゃん 8時~9時 | 文化放送 | radiko

 

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ