コロナ禍でも素晴らしい日々を。名門女子校「洗足学園」は誰でも新しいことに挑戦できる場所。

コロナ禍でも素晴らしい日々を。名門女子校「洗足学園」は誰でも新しいことに挑戦できる場所。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

9月は、神奈川県川崎市高津区にある私立の女子校

【洗足学園中学高等学校】の校長、宮阪元子 先生にお話を伺います。
第1回目は、最近の洗足学園の様子について。

子ども達が主役の学校で、コロナ禍でもどうやって生徒たちを活躍させるのか?
休校を余儀なくされたりと、どの学校も運営が困難だった去年も
洗足学園は「素晴らしい日々を過ごせた」、と語る宮元先生。
そこには、生徒達の自発的な行動と、それを促す「生徒に任せる方針」があるそうです。

卒業生の皆さんからも「何かやることへのハードルが低い」という声が。
どういうことなのか?詳しく伺いました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

洗足学園中学高等学校 公式HP

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ