課題解決に貢献できる人間へ。「洗足学園」が考える中等教育の要とは。

課題解決に貢献できる人間へ。「洗足学園」が考える中等教育の要とは。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

9月は、神奈川県川崎市高津区にある私立の女子校

【洗足学園中学高等学校】の校長、宮阪元子 先生にお話を伺っています。
第3回目は、宮阪先生が最近気になっているニュースや社会課題について。

コロナはもちろん、気候変動の問題も大きいと気にされている宮阪先生。
地球の環境問題を改善していくために残されたわずかな時間で、
将来のリーダーを育てる学校の役割は大きいです。

全世界で共同していく中で、自分の能力をいかに発揮して貢献できるのかが問われる時代。
そんな人を育てるために中等教育(中学〜高校)の6年間での教育が重要であり、
その点を洗足学園はしっかりと考えているそうです。

では、具体的にどんなことが大切なのか?どんな実践をされているのか?
そんなお話を伺いました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

洗足学園中学高等学校 公式HP

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ