石破氏の推す河野太郎氏は「小さな政府路線の人」/自民党総裁選 ~9月7日「おはよう寺ちゃん」

石破氏の推す河野太郎氏は「小さな政府路線の人」/自民党総裁選 ~9月7日「おはよう寺ちゃん」

Share

9月7日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、自民党総裁選に関するホットな話題として、出馬を見送るという石破茂元幹事長が、その代わりに河野太郎行政改革担当大臣を支持するのでは、という内容が取り上げられた。
番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと、火曜コメンテーターの上武大学教授・田中秀臣氏(本日60歳の誕生日です!)が、これについて議論を展開し、それぞれの政策や自民党内の入り混じった状況に迫った。

さまざまな思惑が入り混じり、複雑化する自民党内部

「自民党の中の争いで、総裁選の公示までしばらくありますからね。これからいろいろな動きがあると思います。大きい動き、小さな動き、いろいろあるんじゃないですかね」(田中氏)

総裁選をめぐる動きについてこう答えた田中氏。石破氏と河野氏の政策については、次のように説明している。

「2人とも昔風にいえば、構造改革だとか、小さな政府を目指す路線の人ですよね。人口減少・高齢化にあったかたちで、社会保障や、その中にある医療制度を改革していこう、というところで一致していますよね」(田中氏)

つづけて、それぞれの政策については、「石破さんの場合は、金融政策に批判的です。アベノミクスに批判的ということですね」と解説。一方の河野氏について、田中氏は厳しめの見方だった。

「河野さんの場合、10年くらい前に、2人きりでホテルのラウンジで2時間くらい話したことがあるんですけど。人柄的には、話を聞いてくれるので、僕にとっていい人なんですが。景気対策や金融政策については、まったく理解してくれなかった。最近、(元内閣官房参与の)本田悦郎さんとお会いして、2人で話したそうですが、やっぱり理解できなかったそう」(田中氏)

また、田中氏は「(総裁選に出馬する)河野さん、岸田(文雄)さん、高市(早苗)さん、それぞれの政策論集のようなものを読みました」として、次のように話す。

「経済政策に関しては、やっぱり河野さんはいま言ったように、マクロ政策、景気を良くする政策についてはスルーしています。だから、批判も肯定もしていない。無視です。だからそこがこれからどう変わるのか、ですね。変わってほしい、と思いますよね」(田中氏)

寺島アナの補足によれば、「石破氏の周辺では、『石破氏が出馬するよりも、河野大臣を支持するほうが自民党の改革につながる』という意見が派閥内から複数出ている」ようだ。

「今回は、乱戦模様ですよね。派閥にあまり囚われないで、自由投票的な雰囲気も出ています。さらに、自民党的には、総選挙を控えていますからね。やはり、この派閥型総裁選というのを脱却したい思惑が、みんなあると思うんですよ。(中略)この総裁選を使って、イメージアップは既定路線ですから、これを推し進めるようなかたちで、盛り上げていこうというところですね」(田中氏)

「いずれにしても、我々国民のことをしっかり考えていただかないと、ですね」(寺島アナ)

<参考ニュース>
菅義偉首相の退陣意向表明から週明けの6日、首相後継「ポスト菅」の動きが本格化した。河野太郎行政改革担当相は、記者会見を今週後半にも開き、自民党総裁選(17日告示、29日投開票)立候補を正式表明する検討に入った。関係者が明らかにした。石破茂元幹事長は、出馬の是非を巡り「まだ決めていない。淡々と準備している」と周囲に語った。近く最終判断するとみられる。石破氏の周辺には河野氏を支援すべきだとの声もあり、今後の対応が焦点となる。
立候補表明した岸田文雄前政調会長は地方票をにらみ、連日のメディア出演で発信を強化した。
(共同通信ニュースより)

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ