ワクチン接種後の景気回復はどうなっているの? Vよりは角度が低い? 〜9月23日「おはよう寺ちゃん」

ワクチン接種後の景気回復はどうなっているの? Vよりは角度が低い? 〜9月23日「おはよう寺ちゃん」

Share

9月23日の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では日経新聞の記事「投資家、リスク思考に陰り」をとりあげ、木曜コメンテーターのストラテジスト・嶋津洋樹氏と寺島尚正アナウンサーは景気回復の話題を議論した。

悪い話が重なり合うマーケット

「中国の不動産開発大手、恒大集団が約30兆円の負債を抱え、債務不履行に陥るリスクが判明し、世界の金融市場で信用リスクの警戒が拡大したと出ていますが、これに関してはいかがですか?」と寺島アナから話を振られた嶋津氏は、恒大集団の資金繰り問題も一要因ではあるが、ワクチン接種による景気のV字回復が達成されていないことも関係していると指摘する。

「ワクチン接種が進めば景気がV字回復すると皆が思っていたところが、 ワクチンを接種しても再感染の話が出てきたことで思ったほど経済再開できないとわかってきました。描いていた回復ペースと比較して経済指標が下振れていて、LではないけどVよりは角度が低そうだと懸念し始めたタイミングで中国恒大集団の話が出て、ちょうど悪い話が重なり合って今月は厳しいマーケットの動きが続いている」(嶋津氏)

「中国恒大集団で債務のリストラが行われる可能性が高く、数週間の金融市場は不安定な動向が予想されているそうですが、嶋津さんはどうお考えですか?」と寺島アナの質問に、嶋津氏は「リーマンショック級にはならないと思っています」とコメント。さらに、中国政府の介入度合いについても次のように述べた。

「中国恒大集団の債務は中国のGDPの2%くらいと言われています。リーマンショック時のリーマンブラザーズの債務はアメリカの当時のGDPの4%くらいでしたから、半分くらいのサイズ。サイズ感だとすごく大きいわけではないけれど無視できる大きさではない。そうするとある程度の中国政府による介入が必要になってくるのですが、早くに介入して助けると貸し込んだ人が高い金利で結果的にかなり儲かってしまい、遅れると悲観的な見方が広がってリーマンショックのような雰囲気になるので匙加減が難しいです。そこがはっきりするまでは不安定な動きが続くだろうと見ています」(嶋津氏)

<参考ニュース>
【北京、ワシントン共同】経営難に陥った中国不動産大手、中国恒大集団が過去に発行した社債の利払い日が集中して到来する。金融情報会社リフィニティブによると、23日は日本円で計130億円の利払い日となっている。10月までの利払い額は200億円を超えるとみられる。
恒大の負債総額は6月末時点で1兆9665億元(約33兆3千億円)と巨額で、デフォルト(債務不履行)の懸念から世界同時株安を招いた。恒大の主要グループ企業は23日が期日の社債利払いを実行すると22日に発表したが、今後の利払いに支障が生じれば金融市場にさらに影響を与える恐れがある。
(共同通信ニュースより)

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~9:00

その他の主な出演者

ページTOPへ