「たった一球でボールを投げることが怖くなってしまった」松坂大輔引退会見、元番記者の砂山アナ「すっきりした」~10月19日大竹まことゴールデンラジオ

「たった一球でボールを投げることが怖くなってしまった」松坂大輔引退会見、元番記者の砂山アナ「すっきりした」~10月19日大竹まことゴールデンラジオ

Share

 

10月19日(火)大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)で、甲子園春夏連覇、日米通算170勝を達成するなど、「平成の怪物」と呼ばれた埼玉西武ライオンズ松坂大輔投手の引退会見の様子を紹介し、かつての番記者、砂山圭大郎アナウンサーがコメントした。

松坂投手は引退という決断ついて「投球練習の中でボールが抜けた。これまでだったら指先の感覚で引っ掛けられたのに、その感覚の無いことにショックを受けた。たった一球でボールを投げることが怖くなってしまった。やめなければいけないと言い聞かせた」と理由を明かした。「ああ、もう、だから会見はしたくなかったんですよね」と前置きしつつ、「やめると決断した時に妻に電話した。息子がちょうどいて『長い間お疲れ様でした』と言ってもらえて僕からも『沢山苦労かけたけど、長い間サポートしてくれてありがとう』と伝えられた」。と松坂投手の涙ぐむ声が流れた。

入団1年目から2年目の終わりまで松阪番として毎日松坂投手を追いかけていた砂山アナウンサーは、「7月に引退が明らかになってから、どういう心境で引退に至ったのかモヤモヤしていた。痺れがあるとは聞いていたが、こういう状況で決断したのか、とスッキリした気持ちだ」と元番記者らしく、しんみりと語った。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ