吉田照美「苦労が足りないね」斉藤一美アナの反省して欲しいという願いに大反論~11月3日もっと一緒に!ラジオde浜祭スペシャル

吉田照美「苦労が足りないね」斉藤一美アナの反省して欲しいという願いに大反論~11月3日もっと一緒に!ラジオde浜祭スペシャル

Share

11月3日(水)文化の日に放送される特別プログラム「もっと一緒に!ラジオde浜祭スペシャル」の第五部が11月3日の15時30分から放送され、吉田照美オテンキのりが出演し、反省をテーマにトークを繰り広げた。

今回、オテンキのりと吉田照美の2人が反省をテーマにトークすることになったのは、理由があるという。

松坂大輔投手の入団一年目に毎日松坂大輔の一日を紹介するミニコーナー、「今日の松坂くん」があり、当時そのレポーターだった斉藤一美アナウンサーは、「どんな一言を述べたのかを拾うためだけに、一日ベタ付きだった訳ですよ。三時間とか四時間とかいて、それでやっと一言もらえる。それが今日の松坂君でした。それで、つまんねーんだよコノヤローとか照美さんに言われて本当に腹が立ちましたね。やってみろよ、じゃあ一回でも。あれを反省して欲しいです」と、ラジオの音源が流れた。

それを受けて、照美は「やっぱバカだね、斉藤一美はね。やっぱ苦労が足りないね。俺は同じような苦労してる。俺も文化放送の局アナ時代に相撲の仕事やってるんだよ。相撲の仕事で、斉藤一美なんかスポーツ実況ができるから、できない俺をバカにしたようなことを言ってるけど、つまり、ネタを拾うのってすごい大変。お相撲さんはおもしろいことを言ったりするっていうのは、顔にならないとお相撲さんも喋ってくれないでしょ?プロ野球選手だっていちいちネタくれないから。だから、苦労するのは当たり前。つまんないのは、お前の仕事がつまんないだけ。あたりまえだよ」と反論。

のりの「反省する気がないっていうことですね?」という問いには、「そういうことだね」と反省の気持ちはないと断言した。

「もっと一緒にラジオde 浜祭スペシャル第5部」は午後3時30分~6時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加