今季最後の メットライフ生命月間ベストプレー賞!あのゴットハンドは“対象外”(ライオンズナイター)

今季最後の メットライフ生命月間ベストプレー賞!あのゴットハンドは“対象外”(ライオンズナイター)

Share

西武は4日、「メットライフ生命9月後半-10月ベストプレー賞」の投票を開始したことを発表した。8月-9月前半は、投手部門で今井達也、野手部門は源田壮亮が受賞。それぞれ賞金25万円を手にすることとなったが、今回は誰にメットライフ生命月間ベストプレー賞の女神がほほ笑むのだろうか?

10月にファンを沸かせたプレー(?)と言えば、10月11日に行われた2021ドラフト会議。飯田光男球団本部長が見事、4球団競合の末に隅田知一郎投手(西日本工業大学)の交渉権を引き当てたシーンも思い起こされる。これにはファンから「メットライフ生命ベストプレー賞は飯田本部長で決まり」という声も挙がったが、残念ながら「メットライフドームでの選手による好プレーが対象」のため、ノミネートとはならず・・・しかしながら今回選出された6つのプレーはどれも飯田本部長のゴッドハンド以上に印象的だ。

同賞投手部門をを2回連続受賞中の今井が「個人的には・・・」と前置きしたうえで推すのが、10月20日に田村伊知郎が挙げたプロ初セーブ。「あの試合は増田さんも平良も不在で、普段からビハインドの場面でもチームのために頑張ってくれていた伊知郎さんが、大事なセーブシチュエーションで登板して抑えてくれました」と振り返った。歳は今井の4つ上だが、2人は2016年のドラフト同期。「先日の初勝利もそうでしたが、初セーブを挙げたこの試合も、まるで自分のことのようにうれしかったです」と我が事のように喜んだ。田村初セーブの対抗馬には10月7日にプロ入り初完封を挙げた松本航、そして10月9日にピンチで登板した武隈祥太の見事な火消しがノミネートされた。

同じく前回、野手部門で受賞した源田は、ノミネートされた3つのプレーを見ながら「(森)友哉のダイビングキャッチも、(山田)遥楓のバスター(勝ち越し2点二塁打)も試合の中で大きなプレーでしたし、強く印象に残っています」とコメント。「その中でも僕が選ぶんだったら、今シーズン初のサヨナラ勝利を決めた柘植の一打ですね!」と二死から代打で決めた劇的な一打を推薦した。

今季最後のメットライフ生命月間ベストプレー賞。
賞金25万円の行方はファンの一票で決まる。

【関連】メットライフ生命8-9月前半ベストプレー賞決定!完封の今井「ワンチャンあると」

9月後半-10月の全ノミネートプレーは以下のとおり。

【投手部門】
〇松本航=自身最多の8勝目はプロ初の完封勝利!(10月7日)
〇武隈祥太=完璧な火消し!ノーアウト満塁を無失点に抑える!(10月9日)
〇田村伊知郎=プロ初セーブ!最終回を3者凡退に締める!(10月20日)

【野手部門】
〇柘植世那=待望の瞬間!今季初のサヨナラ勝利!(9月23日)
〇山田遥楓=バスター成功!勝ち越し適時打2ベースヒット!(10月8日)
〇森友哉=ダイビングキャッチでピンチの芽を摘み取った!(10月10日)

◆投票はこちらから◆
投票期間:11月4日(木)~11月23日(火)

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加