箱根駅伝 第95回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第95回大会ハイライト実況

Share

第95回箱根駅伝は記念大会として開催され、普段より2校多い、23チームが参加して行われました。
青山学院の総合5連覇と2度目の大学駅伝三冠なるか。そして、各チームは青山学院をいかに止めるかに注目が集まる中、レースはスタート。
1区で主導権を握ったのは東洋でした。
前の年も1区で区間賞を取った2年生の西山和弥が18キロ過ぎの六郷橋でスパートをかけると先頭に立ち、2年連続区間賞を獲得する快走で襷を渡しました。
青山学院は6秒差の3位、優勝候補の東海は6位で2区に入ります。
つづくエース区間、花の2区は留学生が力を発揮。18位で襷を受けた拓殖のキャプテン・デレセは6人抜き、日本大学のワンブイは区間記録にあと14秒に迫る歴代2位の記録を残し、13人抜きを果たします。
そして首位に立ったのは国士舘のヴィンセント。8人抜きの快走で46年ぶりにトップで戸塚中継所に飛び込みました。
東洋は2位、青山学院は梶谷瑠哉が大きく順位を落とし、国士舘から1分以上の差をつけられて8位に沈みます。
なお、順天堂の塩尻和也は1時間6分45秒のタイムをたたき出し、2区の日本人記録を更新しました。
3区は青山学院キャプテンの森田歩希が快走。次々に先行する選手をとらえ、残り1キロで首位に。区間新記録の走りで王者を定位置に押し上げました。
箱根の山へ向かう4区、東洋が首位を奪い返します。相澤晃が平塚中継所での8秒差をものともせず、あっという間に首位を奪い返すと独走。
後続をぐんぐん引き離す走りで区間新記録をマークしました。
2位にはエース格の館澤亨次を起用した東海が浮上。青山学院は3位で箱根の山に入ります。
首位の東洋は2年連続山上りの田中龍誠が安定した走りで、そのまま往路トップでゴール。1時間52分09秒は大会新記録となりました。
往路2位は西田壮志が区間2位の走りを見せた東海。東洋との差は1分14秒でした。
往路3位は徐々に順位を上げてきた國學院。5区、浦野雄平の区間賞、区間新の快走で、小田原中継所時点での6位から順位を押し上げました。
5連覇を狙う青山学院は5区・竹石尚人が3つ順位を落として往路6位。東洋との差は5分30秒で、5連覇は非常に厳しいタイム差となりました。
迎えた復路。逆襲を狙う青山学院は下りのスペシャリスト、小野田勇次が区間新記録の走りで順位をひとつ上げ、上位にプレッシャーを与えます。
しかし、トップ東洋の今西駿介、2位東海の中島怜利も区間記録に迫る好タイムをマークし、差を詰めさせません。
7区に入ると優勝争いは一気にヒートアップ。逃げる東洋のキャプテン・小笹椋を2位・東海の阪口竜平が猛追。
さらに前年度MVP、青山学院の林奎介も3人を抜いて一気に3位に。
平塚中継所では首位・東洋と2位東海の差がわずか4秒。青山学院も林が自身のもつ区間記録にあと4秒と迫る快走で更に差をつめました。
今大会のハイライトは8区でした。東海の小松陽平がすぐさま前を行く東洋の鈴木宗孝を捕らえて並走。満を持して14キロ過ぎ、遊行寺の坂の手前からスパート。
一気に差を広げ、東海がついに首位に立ちます。
小松はそのまま1位で戸塚中継所へ。タイムは1時間3分49秒、第73回大会に山梨学院の古田哲弘が記録した箱根駅伝最古の区間記録を22年ぶりに更新しました。
勝負がかかる9区。初の総合優勝に向けて東海はキャプテンの湊谷春紀が安定した走りを披露。首位をキープします。
前を追う東洋は、中村拳梧がまさかの大ブレーキ。
トップの東海とは3分35秒の大差をつけられてしまいます。さらに追ってきた青山学院の吉田圭太にはわずか8秒差まで迫られ、2位争いが激しくなりました。
最終、10区は東海・郡司陽大のウイニングランとなりました。入学時から注目された「黄金世代」が3年生となり、終始安定した強さを見せた東海が初の箱根駅伝総合優勝を果たしました。
2位には10区で鈴木塁人が逆転劇を見せた青山学院。3位は8区途中まで首位をキープした東洋でした。
東海は総合記録を5分以上更新する10時間52分09秒の大会新記録で初優勝。両角速監督は新春の大手町の空に舞い上がりました。
2位の青山学院は復路優勝で意地の2位。東洋は復路で粘り切れませんでしたが、11年連続3位以内の快挙となりました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加