箱根駅伝 第92回大会ハイライト実況

箱根駅伝 第92回大会ハイライト実況

Share

青山学院の連覇に期待がかかった第92回箱根駅伝は1区からフレッシュグリーンのタスキがレースを引っ張りました。
1区・絶対的エースの久保田和真が飛び出すと、鶴見中継所までに2位・明治に22秒差をつけトップでタスキリレー。
2区の一色恭志は、東洋・服部勇馬に差を詰められますが、首位の座を死守。
その後、3区以降は青山学院の独り舞台でした。
3区・秋山雄飛が区間賞の走りで東洋との差を1分35秒まで広げると4区・田村和希も連続区間賞で独走態勢。
山登りの5区は「山の神」神野大地が骨折からの完全復活をアピールする快走で芦ノ湖のゴールテープを切りました。
往路終了時点で2位の東洋とは3分4秒差。さらに13チームが復路繰り上げスタートとなる、まさしく独壇場となりました。
往路での大きなリードに守られた青山学院は復路もそれぞれが持てる力を存分に発揮。
7区の小椋裕介、8区の下田裕太、10区アンカーの安藤悠哉がそれぞれ区間賞を獲得し、東京・大手町の栄光のゴールまで一度も首位を譲りませんでした。
総合タイムでは2位の東洋に7分11秒、3位の駒澤とは10分35秒の大差をつける一人旅で、第53回大会の日本体育大学以来、39年ぶりの完全優勝を果たし、箱根駅伝二連覇を達成しました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加