魅惑的な60年代ロンドンの世界へと誘うホラー映画が今月10日から公開! ~ニュースワイドSAKIDORI!

魅惑的な60年代ロンドンの世界へと誘うホラー映画が今月10日から公開! ~ニュースワイドSAKIDORI!

Share

文化放送「ニュースワイドSAKIDORI!」で毎週月曜日にお送りしているコーナー「サキドリ最前線」。12月6日(月)の放送では、吉田愛梨レポーターが、タイムリープ・サイコ・ホラーという新感覚の映画『ラストナイト・イン・ソーホー』を紹介した。

夢を追いかけて、田舎から都会へと移動する…という事は、身近にある話だろう。
今作品でも、60年代の大都会ロンドンに憧れを持つ主人公のエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)が、ファッションデザイナーを夢見てデザイン学校に合格し、ロンドン、ソーホー地区へ引っ越すところから物語は始まる。

エロイーズは学生寮での同級生たちとの生活に馴染めず、古いアパートを借りて一人暮らしを始めた。そして、その部屋で眠りにつくと、エロイーズは夢の中で60年代のソーホー地区にいた。そして歌手を夢見るサンディ(アニャ・テイラー=ジョイ)という魅力的な女の子に出会い、身体も感覚も彼女とシンクロしていくのだ。夢の中の体験が、現実でも良い影響を与えて、毎日充実した生活を送れるようになったエロイーズは、タイムリープを繰り返していく。

ところがある日、夢の中でサンディが殺されてしまう。
その日を境に、現実の世界にも亡霊が現れ始め、エロイーズはたった一人で事件の真相を追いかけていく…という興味深いストーリーだ。
映画の舞台となるロンドンのソーホー地区は、20世紀に歓楽街として発展し、60年代後半はファッション、映画、音楽などのブームを作り、「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれる一時代を築いたエリアだ。

この映画は、60年代のロンドンを愛するエドガー・ライト監督が、60年代への憧憬を詰め込んだ作品で、なんと言っても音楽が心地良い。そして街並みやファッションの鮮やかさが特徴だ。一方、華やかさの影で、ストリップクラブや売春宿があり、娼婦やペテン師がうごめくというソーホー地区の闇についても描かれている。

『ラストナイト・イン・ソーホー 』は、12月10日(金)より全国公開される。
ホラー映画が好きな人には勿論、ファッションや音楽を好きな人にもおすすめしたい。あなたもエロイーズとともに、スウィンギング・ロンドンの世界を旅してみよう。
煌びやかな世界に没入すると、その先にはゾッとするような恐怖体験が待っている。

ラストナイト・イン・ソーホー
公開:12 月 10 日(金)、TOHO シネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開
配給:パルコ ユニバーサル映画

『斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI』は平日午後3時30分~5時50分、文化放送(AM1134KHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで内容をお楽しみ頂けます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加