「貯金に回ったって良いじゃん」 コスト3倍でも「クーポン配布」にする必要性は? ~12月8日「おはよう寺ちゃん」

「貯金に回ったって良いじゃん」 コスト3倍でも「クーポン配布」にする必要性は? ~12月8日「おはよう寺ちゃん」

Share

12月8日放送の「おはよう寺ちゃん」(文化放送)では、番組パーソナリティーの寺島尚正アナウンサーと水曜コメンテーターの経済アナリスト森永康平氏が、18歳以下の子供に対する給付措置について語り合う場面があった。

森永氏「10万円現金で配れば良いのでは」

政府が経済対策の柱として打ち出した、18歳以下の子供に対する10万円相当の給付措置が新たな波紋を呼んでいる。事務経費約1200億円のうち、5万円の現金給付分が280億円なのに対し、5万円相当のクーポン配布にかかる費用が3倍以上の967億円に膨らんだためである。世論や野党の反発は強く、6日開会した臨時国会でも焦点の一つとなるのは必至だ。一方、松野博一官房長官は会見でクーポン配布の意義を強調した上で、地方自治体の実情に応じて現金給付も可能にすると言及した。群馬県太田市と大阪市が全額現金給付するという意向も示している。

このニュースについて森永氏は「これは結局混乱するんですよね。この地域は現金でもらっていて、なんでうちは現金とクーポンなんだという、いらない争いが起きてしまう。コストも含めて、シンプルに10万円現金で配れば良いのではと思いますけどね」と現金支給を推奨する。

大和証券のエコノミストは、クーポン配布の経済効果は高くないと指摘。プレミアム付きのクーポン券は2500億円の予算規模に対して、消費喚起効果はその(予算規模の)半分以下に留まったとするという分析もあるという。

「1年以上言い続けていますが、貯金に回ったって良いじゃんと。お金に色ないので、どのお金を使ったかもわからないし、仮に貯蓄に回ったとしても将来消費に回るわけなので、そこでお金をかけてクーポンにする必要性は全くないと思いますね。そういうことをするからクーポンに絡む業者が関係しているんじゃないかという話にいっちゃいますし。政策というのはシンプルなのが一番良いんですよね、わかりやすいですし。なので10万円配ると決めたのなら、現金で配るのが一番シンプルで効果が高いのではと思います」(森永氏)

「おはよう寺ちゃん」は平日朝5~9時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


おはよう寺ちゃん

おはよう寺ちゃん

月~金 5:00~8:00

その他の主な出演者

ページTOPへ
// 2022.04.28追加