梅沢富美男「儲けているのは小椋佳だけ」。名曲「夢芝居」の裏話―大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)

梅沢富美男「儲けているのは小椋佳だけ」。名曲「夢芝居」の裏話―大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)

Share

12月14日(火)大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)に俳優の梅沢富美男がゲスト出演し、名曲「夢芝居」の裏話を披露した。

もともと、人前で歌を歌いたくなかったという梅沢。しかし、当時役者が歌を歌うのが流行しており、梅沢にも歌を出すオファーが。無理難題をつきつければ向こうから断ってくるだろう、と踏んだ梅沢は当時好きだった小椋佳さんの名を挙げ、「彼の作詞作曲だったらいいよ」と返事。ところが担当者が偶然小椋氏の知り合いで了解を得てきてしまい、断れなくなってしまったとしぶしぶ「夢芝居」が誕生した顛末を明かした。

また、実際に小椋氏からが仕上がってきた曲を歌った際、譜割りにうまく乗れず、梅沢は「役者だから身が引き締まるかも」と舞台で使う楽器「木頭」を使うことを提案。小椋氏も木頭の音「チョーン!」を聞いて「これいいじゃねえか!」とスタジオで意見が一致、あの印象的な名イントロが誕生したそう。しかし梅沢は「俺は歌唱印税だからほとんど儲けていない。儲けているのは作詞作曲の小椋佳だけ。」と不満たらたら。パーソナリティの大竹まことは「いい曲作ってもらったんだから、そんなに言わなくてもいいでしょ。売れても文句言う人って珍しいよね。」と呆れていた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加