優勝候補の一角に挙げられる東京国際大学! 日本人エース丹所選手「他大学の選手との差を広げたい!」

優勝候補の一角に挙げられる東京国際大学! 日本人エース丹所選手「他大学の選手との差を広げたい!」

Share

9月28日から毎週火曜日~金曜日「カラフルレンズ」(文化放送)の中で、
18時15分頃に放送中「箱根駅伝への道」(文化放送)
12月14日の放送では、出雲駅伝初出場初優勝を果たし
箱根駅伝の優勝候補の一角に挙げられる
東京国際大学・丹所健選手、山谷昌也選手の
インタビューをお届けしました。

東京国際大学は史上最強留学生の呼び声も高い、
イェゴン・ヴィンセント選手の破壊力が強力だが、
日本人ランナーも実力派が揃っている。

丹所選手「3年目は何が何でも成功させる」

日本人エース、3年生の丹所健選手
箱根駅伝について
「1.2年生の時の箱根では、
ある程度自信がある中で全然歯が立たなかった。
3年目は何がなんでも成功させるということを思って
ここまで準備してきた」
と強い口調で語ってくれました。

また丹所選手は自身の走りについて
「自分自身、スピードがないので、
前半から突っ込んで、そこから粘り切るというのが
自分の”持ち味”だと思う。
前半から突っ込んで、
他大学の選手との差を広げられればいいかなと思う。
(粘ることに関しては)きついけど、
自分の強みもうそれしかないので、粘って粘っていきたい」
と教えてくれました。

山谷選手「丹所の存在は大きかった」

そんな丹所選手と切磋琢磨する
同学年の山谷昌也選手
「今年の前半から、丹所がとても活躍していて、
それがとても自分自身のモチベーションというか、
自分も負けてられないなという気持ちになったので、
やっぱり丹所の存在は大きかった
と同期の活躍に奮起したことを教えてくれました。

そんな山谷選手に箱根への思いについて聞くと
「箱根駅伝は、ずっと夢見てきた舞台。
今まであと一歩のところで怪我をしてしまい、
本番走ることができなくて、2年間とても悔しい思いをしてきた
今回もあと一歩のところというかこのまま怪我をしなければ、
初めて走ることができるのではないかと思うので、
応援してくださる方々の印象に残るような走りをしたいと思う」
と教えてくれました。

二人のインタビューの詳しい様子はpodcastでチェック♪

「箱根駅伝への道」は火曜日~金曜日「カラフルレンズ」の中、18時15分頃~文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。
ナビゲーターを務めるのは東洋大学OBで二代目・山の神として活躍した柏原竜二さん。3年目になる今シーズンも熱心な取材をもとにした解説、コメントに期待してください。
podcast12月14日放送分はこちら↓

「箱根駅伝への道」のそのほかのエピソードはこちらから
箱根駅伝への道 – PodcastQR 文化放送 (joqr.co.jp)

radiko12月14日放送分はこちら↓

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加