第98回箱根駅伝 順天堂大学・四釜峻佑選手インタビュー

第98回箱根駅伝 順天堂大学・四釜峻佑選手インタビュー

Share

第98回箱根駅伝で5区を走った、順天堂大学・四釜峻佑選手のインタビューです。

Q:走り終えた感想
四釜:悔しさしかない。初めての大舞台で落ち着いて入れなかったことと、腹痛、あと足が攣ってしまって登りきったあとの下りで失速してしまったことが悔しいポイントです。

Q:腹痛について
四釜:小涌園を過ぎたあたりで中央大学さんを捉えられそうだったが、その辺から差し込みが来た。ペースを落とすほどではなかったが上げることも出来ず、下りに入ってもそれが残っていたので結果として失速してしまった。実力不足だなと思います。

Q:足の攣りについて
四釜:山を登りきる前くらいから違和感を覚えていて、本格的に下り始めてから攣ってしまった。一旦止まって足を伸ばしたら少し良くなったが、芦ノ湖に帰ってきてからまた攣ってしまい、最後に失速してしまった。

Q:明日に向けて
四釜:本当なら往路で順位を上げて、僕のところで前が見えていたので、3位とかでゴールしてもう少し勢いをつけたかった。それでもなんとか3区4区の流れをつなぐことは出来たのかなと思いますし、復路にも本当に頼もしい仲間がいるので、これからどんどん順位を上げてくれるんじゃないかなと思っています。

Q:目標の下方修正について
四釜:関東インカレのハーフマラソンも起伏での走りで、そのときの起伏の走り方が監督のなかでも自分のなかでも良いイメージだったが、それがここ最近は再現出来ず、絶好調とは言えない状態だった。それでもやれることをやろうということで、監督が僕のことを考えてハードルを下げてくれた。

Q:箱根という舞台
四釜:出雲や全日本は走り出してから緊張しなかったし、興奮もしなかった。箱根駅伝はスタートしてから自分のなかでもワクワクするというか、少し舞い上がるような感覚があって、いつものようには走れないなというのがあるな、と。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加