第98回箱根駅伝 駒澤大学・金子伊吹選手インタビュー

第98回箱根駅伝 駒澤大学・金子伊吹選手インタビュー

Share

第98回箱根駅伝で5区を走った、駒澤大学・金子伊吹選手のインタビューです。

Q:5区を任された理由は自身のどういう強みからですか?
金子:走る前から自分自身、山登りはいけると思っていた。気持ちが他のチームメイトよりも強いのが自分の強みだから5区を任されたと思う。

Q:序盤から苦しそうな表情をしていたが、レース中の心情を聞かせてください。
金子:正直、登りの4㎞から既にきつかった。事前に監督からはしっかり腕を振って走るように言われていたので、とりあえず強い気持ちをもって走ろうと思った。

Q:3位に押し上げることができた結果についてはどう思いますか?
金子:順位を上げることはできたが、青山学院とのタイム差を広げてしまったので残念。今年は昨年に続いての2連覇を目標にしてきたので、悔しい気持ちでいっぱい。

Q:細谷選手に付いていくときはきつそうに見えましたが、その後は自分のペースで走れているように見えました。どうでしたか?
金子:前半はきつくて離されてしまった。差し込みがすぐ治ったところからは登りの傾斜も緩くなっているので、きついのは変わらないが体のぶれには出なかったです。
 
Q:昨年は鈴木芽吹選手が5区を走られたが、アドバイスはもらいましたか?
金子:寒さ対策については芽吹から話を聞いたが、走りに関しては何も聞いていない。彼は天性の才能で走っているので(笑)

Q:5区を走りたいと思ったのはいつから?
金子:中学生のときに神野さんの走りを頂上で見ていた。そこから山の魅力を感じた。山登りは得意だと思っていたので、そこからは自分は平地では戦えないけど山では他の選手と戦えると考えていた。

Q:監督からいつ5区で出場することを伝えられたか?
金子:12月の半ばくらいにちゃんと準備をするように監督から声をかけられました。実際に走ることが分かったのは12月29日のエントリーを自分で確認したときです。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加