第98回箱根駅伝 帝京大学・中野監督インタビュー

第98回箱根駅伝 帝京大学・中野監督インタビュー

Share

第98回箱根駅伝、往路終了後の帝京大学・中野監督インタビューです。

Q:レースの振り返り
学生が目標にしていたのは往路優勝だったので残念。しかし辛抱強くタスキをつないでくれたことは評価したい。

Q:2~5区は4年生が並んだことへの意図は?
帝京らしいオーダーにしました。学生スポーツとは4年間やって成果を出すことが当然だと思うので、学生スポーツの在り方を彼らに体現してもらいたかった。

Q:2区中村選手の走りは?
彼はインターハイも出場していなくて、涙を流しながらうちで強くなりたいという意思を持った選手。2区ということで彼の役割を十分に果たしてくれた。

Q:3区の遠藤選手について?
逆にほかの区間で起用してみたらどうかというのはあった。私が彼をゲームチェンジャーとして3区に起用したいというこだわりがあった。4年連続同区間というものすごい大きなプレッシャーがあったと思います。4年目ということもあったがよく耐えてくれた。

Q:5区細谷選手について?
彼は1・2年と走ってなかった。彼が去年言った言葉は「1年間の努力ではなくて、3年間努力して箱根を走ることができた」。今回もそうだけど、果敢に区間記録を狙いに行ったけれど、自然には勝てないということがあった。しかし最後まであきらめない、帝京のキャッチフレーズ「世界一あきらめの悪い人間だな」と思った。

Q:前評判は高くなかった。評判を見返すことができたことについては?
見返したというわけではない。やっていることは間違ってない。出雲・全日本とうまく結果が出なかっただけ。やっていることは間違っていないという自信があったので、やっていることの確認をしながら、彼らが自信をつけていってくれたらいいと思っていました。

Q:監督から見たらこの結果は当然か?
彼ら選手たちはもっと上を望んでいた。

Q:明日の復路に向けて?
ドールハウスのところで見えるかな?と思っていたが見えない(タイム差)。それなので自分のベストパフォーマンスが出せるレースをして、ゴールまでタスキを運びたい。その先に何かが見えてくると思います。

Q:オーダーの狙いは?
小野選手はエース級であることに間違いはないので疑いもなく起用しました。練習しっかりできていたので不安はなかった。出雲・全日本はうまく回らなかった。1位中央とは離れてしまったが2位と30秒ちょっとだったので、2区中村がはしりやすい位置でもってきてくれたので箱根初出場でしっかり役割を果たしてくれた。

Q:レース前はどんなイメージを持っていたか?
一切イメージはしていなかった。29日の時点で補欠にたくさん入っていたので考えるだけ無駄だと思った。当日変更になってから考えても遅いので彼らの力を信じました。

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

文化放送新春スポーツスペシャル 第 98 回東京箱根間往復大学駅伝競走実況中継

2022年1月2日(日)・3日(月) 7時30分~14時30分

その他の主な出演者

連覇を狙う駒澤大学、王座奪還を目指す青山学院大学、出雲駅伝を制した東京国際大学、オリンピアン三浦龍司選手を擁する順天堂大学、スピードランナーを揃える早稲田大学…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加