田中貴金属グループpresents週末GOLDインフォメーション#3(1月23日放送)

Share

23日の放送では、田中貴金属のリテール部の部長である加藤英一郎さんに、金貨、インゴッド(地金)をお持ちいただき、柴田さんがその重さを体感しました。

金は水のおよそ19倍の密度があるため、重いんです。

だから、時代劇で盗賊が1人で千両箱を担いで屋根を飛び越えて行くなんて、実際は無理なんですね。

また、貴金属を見ると、金の純度やグラムをすぐ想像してしまうという加藤さん。

柴田さんは、テレビのナレーションのナレーターの発音が気になるとか。

そして、2001年の同時多発テロで、ビルの奥深くに大量の金が保管されていましたが、それらは無事だったと加藤さんからご紹介がありました。

金は融点が高く、あの大火災であっても無事で、もし溶けても元に戻るとか。

有事の金と言われる所以です。

次回もお楽しみに!

スタッフ(コツコツ金太郎)

Share
ページTOPへ
// 2022.04.28追加