放送開始2時間前にプロデューサーから電話で頼まれる!武田砂鉄がはるな愛のピンチヒッターに~1月25日大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)

放送開始2時間前にプロデューサーから電話で頼まれる!武田砂鉄がはるな愛のピンチヒッターに~1月25日大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)

Share

1月25日(火曜日)大竹まことゴールデンラジオに、はるな愛のピンチヒッターとしてフリーライターの武田砂鉄氏が出演、13時放送開始の2時間前、11時にプロデューサーから電話でピンチヒッター出演を依頼され、急いで文化放送にやってきたというドタバタ劇を明かした。

火曜パートナーであるタレントのはるなは胃腸炎のため出演を見合わせ、代役として抜擢された武田氏は「いつでも12時までは受け付けていますから。いつでも動けます」。とやる気十分の様子。コロナ禍でテレビ、ラジオで急にお休みになる人が増えてきて、「代役をする芸人はこの機会に新しい出演枠を取ってやろう、ってギラギラしていますよね」と武田氏。

それを受けて、アシスタントの砂山圭大郎アナウンサーが、TBSラジオで欠席となった出演者の穴をニッポン放送終わりの芸人と文化放送終わりのタレントが駆けつけて埋めたエピソードを紹介すると、武田氏は「リスナーの方も文句は言わず『文化放送からTBSなら大体〇〇分かかる』など教えてくれて、垣根を越えて合同放送みたいになってきましたね。」とラジオ界全体の協力体制を称えた。

また、タレントたちが繰り返しコロナウイルスの検査を受けている一方で、コロナウイルスの検査キットが不足していることについて、武田氏は「検査キットは足りなくて、アベノマスクが余っているなんて、この2年政治は何していたんだろうって気持ちですね」。と現在厚生労働省が残っているアベノマスクを配布希望を受付していることについてチクリ。最近はマネージャーからの要請で高性能の輸入マスクをつけ始めたという大竹は「大変です、私たちも」と気合を入れていた。

 

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加