「スーパー銭湯で大学のレポート書いてます」“ゼンカイジャー”ヒロイン森日菜美さんが語ったコロナ時代の二十歳のリアル

「スーパー銭湯で大学のレポート書いてます」“ゼンカイジャー”ヒロイン森日菜美さんが語ったコロナ時代の二十歳のリアル

Share

なんとお父さんも番組に登場!特撮ドラマ「機界戦隊ゼンカイジャー」でキュートなヒロインを演じている森日菜美さんを1月31日の「くにまるジャパン極」(文化放送)にお招きしてコロナ時代の大学生活や今後の目標を伺いました。

野村邦丸アナ「さっき、東京都の小松菜農家の方にスタジオにお越しいただきましたけど、日菜美ちゃんと関係があるんですよね。」

「あの人、実は私のお父さんなんですよ。あんなにリラックスして話しているのを聞いてびっくりしました。」

邦丸「今日1月31日の放送でネギ農家を取り上げることになり、「そういえば森日菜美さんのお父さんは小松菜農家だから出演交渉しちゃおう」という事になったんです。お母さんは「くにまるジャパン極」を畑で聞いているリスナーなんですよね。」

「たぶんお母さんはラジオを聞いて怒っていると思います。お父さんが結構出しゃばりで、今日はお母さんから「絶対にあなたは出ないで。ひなが主役なんだから、あなたは補佐ですよ」って言われてたので、家に帰ったら怒られちゃいますね。」

邦丸「お父さんお母さんが一生懸命小松菜を作っていて、日菜美ちゃんは畑で収穫した小松菜を洗浄するお手伝いをしているんだって?」

「えーと、プロフィールはいろいろと盛っているんですけど、年末年始の畑仕事はやっぱり忙しいので、たまにお手伝してお小遣いもらうみたいな感じです。」

邦丸「今、大学の3年生ということでコロナの影響は受けていた?」

「大学1年の時はセーフだったんですけど、2年からずっとリモート授業が始まって、全然本当に学校に行っていません。ネットさえ繋がればリモートでどこでも勉強はできるんですが、親友とスーパー銭湯に一日中いてレポートを書いたら2人共1つしか終わりませんでした。朝の10時からず~っとくっちゃべって、疲れたらお風呂に入ったりマンガ読んだりして、またしゃべって、気づいたら夜の9時でした。仲良い友達といろんなことをできるんですけど、やっぱり学校に行っていないとどうしても大学生という実感はありません。」

邦丸「これからどんな活動をしていきますか?」

「私の明るく元気な性格は「ゼンカイジャー」でも知っていただけたので、これからはミステリアスだったり、ちょっと大人なキャラクターや、今しかできない学生役とか、なんでもチャレンジしたいなって思います。バラエティ番組にもいろんなことに挑戦したくて、もうウキウキですよ!」

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加