故郷・三重県鳥羽を思う『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

故郷・三重県鳥羽を思う『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』

Share

文化放送で毎週日曜あさ9時から放送中の『川口技研presents~久保純子 My Sweet Home』。日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。毎週ゲストの方にお越しいただいて様々なお話を伺うとともに、聴いていて爽やかな気分になれる音楽をお届けする30分です。パーソナリティはフリーアナウンサーの久保純子さんです。

第343回 2/6の放送を終えて

今週は、お誕生日の2月22日に新横浜Strageでバースデイライブ「back to basic 222~ソロとリンドとカバーと~」を行う、LINDBERGのボーカル・渡瀬マキさんにお越しいただきました。

今回のチケットには、まだどこにも発表していない非売品の書き下ろしの新曲のCDと、渡瀬マキ画伯がデザインしたオリジナルTシャツもついているそうです。

書き下ろしの新曲のCDについて伺いました。

三重県鳥羽市出身の渡瀬さん。ここ数ヶ月で、ライブのタイトルでもある「back to basic」(基本に還る)という事を考え始めたと言います。故郷に貢献したいという気持ちが芽生え、自分の始まりは鳥羽なんだというのを思い、故郷の事を始めて書いたそうです。

自分にとっての故郷は、暖かくもあり、痛いところでもあり、愛しくもあり、だけど切ない、どちらの部分もあると言います。その部分を正直に書こうと思ったそうです。上京してからも切ない部分だけが心を覆っていたそうで、やっとこの歳になってスッキリしたと語ってくださいました。

今年の目標は「とにかく歌います」という渡瀬さん。トライ&エラーを繰り返し、当たって砕けまくって、歌うことが特別なことではなく、日常になるようにしたい、と言います。渡瀬さん曰く、そうすることにより、機能性発声障害の治療もまだ続いている中、キッチンで歌っているのがステージに場所が変わるだけくらい当たり前のものにすれば、この状況から抜け出せるのではないか、と。今だと、いちいちステージに上がる度に緊張し、思い通りにいかずに落ち込む状況が続いているので、歌うことが楽しみで楽しみで仕方なくなるようにしたい、と語ってくださいました。

次週も渡瀬マキさんにお話を伺います。

お楽しみに! See you!

【本日の1曲目】 今すぐKiss Me / LINDBERG 
【渡瀬マキさん選曲】 OVERCOME / 10-FEET 
(文/スタッフC)

川口技研のHPはこちらから https://www.kawaguchigiken.co.jp/

Share

関連記事

この記事の番組情報


久保純子 My Sweet Home

久保純子 My Sweet Home

日 9:00〜9:30

日曜日の朝、それぞれの家庭・家族の優しさを実感できるような温もりある番組です。 毎週ゲストの方にお越しいただいて、子育ての喜び、苦労話、思わず笑ってしまったこ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加