三山ひろし、紅白歌合戦のけん玉企画はリハでわざと失敗して……ギネス記録挑戦の裏側を語る

三山ひろし、紅白歌合戦のけん玉企画はリハでわざと失敗して……ギネス記録挑戦の裏側を語る

Share

2月15日(火)大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)に演歌歌手の三山ひろしがゲストで出演。昨年NHK紅白歌合戦で三山が挑戦したけん玉ギネス記録「126人のけん玉連続成功」について、パーソナリティの大竹まことが根掘り葉掘り聞きだした。

紅白歌合戦には7回出場し、そのうち5回はけん玉を披露しているという三山。まず大竹は「リハーサルはどんなふうにしているの?」と質問。すると三山は「本番と同じように全員一列に並んで順々にけん玉を乗せて……でもリハーサルでギネス記録が出てはいけないので、わざと最後の人が落とすようにして、本番だけで記録を達成するようにしているんです」。と驚きの舞台裏を明かした。パートナーのはるな愛が「リハでは落として、本番では成功させなきゃいけない最後の人はオリンピックばりの緊張感ですよね。」と驚きの声をあげると、「列の最後の方に並んでいる方は、メンバーの中でも生え抜きで、メンタルが強い人が来ているんです」と三山はメンバーの並び順の秘密も教えていた。
大竹は「あのメンバーには『この際特別な技をやってやろう』とか『グルグル回してから乗せてやろう』とかやっちゃう人はいないのかね?」と2年連続ギネス挑戦を成功させたメンバーの真摯な姿勢に疑問。三山は「心にはあるかもしれないですけどね、DJKOOさんですら真面目にカチッとやりますから」。とメンバーの真面目な素性を語った。
また、「あのけん玉はマイけん玉なの?」と大竹が続いて質問すると、「あれはこの回のために作った、刻印入りのけん玉をメンバーにプレゼントしているんです。」とけん玉の秘密も。「次が楽しみだね。今度は外がいいな」。と大竹がいたずらっぽく言うと、はるなが「手がかじかんで怖いですよ。大竹さん、失敗を願ってます?」と疑り、大竹が「次は三山さんが落としたりしてね」と意地悪にコメントしていた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加