ロシア、報道規制強化…大谷昭宏「我々はロシアの中のかすかな声でも拾わなければいけない」

ロシア、報道規制強化…大谷昭宏「我々はロシアの中のかすかな声でも拾わなければいけない」

Share

3月7日放送の「くにまるジャパン極」(文化放送)で、ウクライナに侵攻しているロシアが報道規制を強化していることについて、ジャーナリストの大谷昭宏​氏は厳しく批判した。

野村邦丸アナ「今、ロシアという国は報道統制、いやはっきり言います、言論統制です。少しでもロシアの政府に対して都合の悪いことを報じたりネットで書き込んだ場合、罪に問われる。とうとう、言論統制が始まりました。イギリスのBBC、アメリカのCNNもロシアの国内の放送をやめる。日本の放送関係や新聞社も報道は一旦停止することになる」

大谷「よく言われるように戦争は人の命を奪う前に、最初に自由に手をかけると言われています。簡単に言えば、まさに命と同時に言論を封殺していく。自分たちの悪いことを報道されたくないということは、やっぱり私はその戦争に正義はないんだという風に考えざるを得ない。それなりに理由があるとすればなぜ報道関係を締め出すのか?これでロシアの状況が全く伝わって来なくなる。ロシアの言い分は国営通信だけしか流れない」

さらにこう続ける。

大谷「一番大事なことは、ロシアの中でこの戦争はダメだと言ってデモをしている人がいるわけです。その方々の唯一の拠り所は海外のメディアがしっかりとそのことを伝えることだった。にも関わらずそこを封じられてしまうということになれば、その人たちにどんな弾圧を加えようとわからないわけです。まさにこの戦争は暗黒になってきたなという感じがするんですね。どうすれば治まるのか?本当に暗澹たる気持ちですね」

では、ロシアの報道統制が強化される中で海外のメディアができることはないのか?

大谷「ロシアに追い出されたとしても我々のメディアはなんとかロシアを監視していく方法はないのか?考えなければいけない。ナチスの弾圧でもポーランドなどいろんな国から地下発信のニュースが流れたわけです。どれだけ弾圧を受けてるのか?かすかな音でも聞こえてくる。ロシアの中からなんとかそういう声を引き出す努力を続けていくべきだと思います」

「くにまるジャパン極」は平日朝9~13時、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。大谷昭宏氏は月曜日にコメンテーターとして登場。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加