森永卓郎 ウクライナのために節電を呼びかける

森永卓郎 ウクライナのために節電を呼びかける

Share

3月7日放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ」(文化放送)。大竹紳士交友録のコーナーでは経済アナリストの森永卓郎がロシア、ウクライナ情勢を踏まえ日本が節電をするべき理由を語った。

森永はヨーロッパ諸国も日本も未だにロシアからの原油輸入を継続している中、実はその輸入を完全に絶った場合でも1割程度の不足で済むということを説明した。加えて原油価格の仕組みについて、ニューヨークのマーカンタイル取引所で行われている先物取引の値段によって決まること。投機資金により決められているため、少し供給に不安が出ると暴騰、少し余ると暴落するということを解説した上で、現在問題なく供給されているものの、戦争で供給に不安が出ると予想されているため価格は暴騰していることを伝えた。
それらを踏まえて、「我々が高値で原油とか天然ガスを買うということはロシアの戦争を支援してしまうことになる。1割くらい需要を抑えてやれば原油や天然ガスの値段が暴落するんです。暴落するっていうのが、我々の暮らしを楽にするだけではなく、ロシアに対する厳しい制裁になる。」と原油や天然ガスの利用を控えることがロシアへの制裁に繋がることを語った。

東日本大震災時に震災前と比べてエネルギー総供給量が大幅に減ったことや、1970年代のオイルショック時に、東京中のネオンが消えたことなども例に挙げ「都庁をウクライナの国旗色にライトアップするのなら都庁の電気を消せ!」「本気を出せばできるはずなんです」と語気を強めて訴えた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加