戦前の教育から戦後の教育へ…桐朋中学校・高等学校が民主主義を大切にしている理由。

戦前の教育から戦後の教育へ…桐朋中学校・高等学校が民主主義を大切にしている理由。

Share

【毎週月曜更新】


教育ジャーナリストのおおたとしまさが、
有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。
学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっていること、
これからの子育てや教育、そしてさまざまな社会課題解決へのヒントを、
校長先生との対話から引き出していきます。

目次

  1. この記事の番組情報

3月は、東京都国立市にある私立の男子校、
【桐朋中学校・高等学校】の原口大助 校長先生にお話を伺っています。

第2回となる今回は、学校の生い立ちや歩みについて。

桐朋中学校・高等学校の前身となる学校「山水中学校、山水高等女学校」は、
第二次世界大戦が始まったばかりの1941年に創立。
当時、船舶業をされていた山下亀三郎氏の寄付金によって、
軍人・軍属の子女の教育の為に学校が設立された、という珍しい歴史を持っています。

そして戦後、1947年に現在の筑波大学の協力校という形で再出発。
戦後、日本の教育改革の中心を担われていた当時の校長・務台理作先生が
これまでとは全く違った民主主義の考え方を取り入れ、大きな転換を迎えます。

現代の校風にも活きているという務台先生の考え方について、伺いました。

「校長室訪問」最新回はコチラから聴くことができます!

桐朋中学校・高等学校 公式HP
オンライン合同学校説明会ではまとめが見られます!

Share

関連記事

この記事の番組情報


【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【中学受験】おおたとしまさの「校長室訪問」

【毎週月曜更新】教育ジャーナリストのおおたとしまさが、有名中高一貫校の校長先生と本音でトーク。 学校の魅力や最新情報のみならず、校長先生自身が今気になっている…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加