田中貴金属グループpresents週末GOLDインフォメーション!#11(3月20日放送)

Share

20日の放送では、田中貴金属の貴金属リテール部長の加藤英一郎さんに「都市鉱山」について伺いました。

海外にある鉱山ではなく、社会や家庭に眠っていて、使い終わった家電製品や産業用のスクラップなどに含まれる貴金属を都市鉱山と呼びます。

パソコンなら1台にこれくらいの金の量、スマホならこれくらいの量といった具合に、鉱山で実際に時間とお金をかけて掘るよりも、都市鉱山は1つの製品からあらかじめ回収できる量がわかっていることがメリットの1つです。

田中貴金属では、産業用のスクラップなどから金、銀、プラチナなどを回収し、バーや産業用製品の原材料に加工し、新しく生まれ変わらせています。

スマホは販売店や自治体で回収しているところもありますが、正直、機種を交換したら、その場で古いものを買い取ってくれるのが一番いいですね。

もっと回収が効率的に進み、リサイクルのテンポも速くなり、都市鉱山の在庫もかなり減るのではないでしょうか。

次回もお楽しみに!

Share
ページTOPへ
// 2022.04.28追加