『大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ』疫学研究者になるはずが、ミャンマー現地銀行COOに?! 泉賢一さんをゲストにお迎え

『大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ』疫学研究者になるはずが、ミャンマー現地銀行COOに?! 泉賢一さんをゲストにお迎え

Share

情報番組「大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ」では、残間里江子さん(フリープロデューサー)と、大垣尚司さん(青山学院大学教授、移住・住みかえ支援機構代表理事)が、お金や住まいの話を中心に、大人世代のあれこれを語ります。

この連載は、番組内の人気コーナー「おとなライフ・アカデミー2022」の内容をもとに大垣さんが執筆した、WEB限定のエッセイ。今回はゲストに、『ミャンマー金融道 ゼロから「信用」をつくった日本人銀行員の3105日』の著者・泉賢一さんをお招きしました。前後編でお届けします。

前編はこちら:ミャンマークーデター前夜、現地銀行のCOOになった日本人がいた。泉賢一さんをゲストにお迎え

泉賢一さんプロフィール

1966年のお生まれ。神戸大学農学部を卒業後、現在の三井住友銀行に入行。2013年ミャンマーに赴任。2019年からは一般財団法人日本建築センター嘱託職員を経てミャンマー住宅開発インフラ銀行COOをお勤めになり、現在は住友林業勤務で、今年(2022年)、アメリカはテキサス・ダラスに赴任予定でいらっしゃいます。

書籍はもっとハッピーエンドになる予定だった?

大垣 泉さんはミャンマーにいらっしゃる頃から、本を執筆されていましたよね。

泉 はい。今から4年前ぐらいに、出版の構想が出たんです。もともとの結末はもっとハッピーエンドになる予定で(笑)。

金融制度のないミャンマーで、銀行を設立させました・・・という成功事例を紹介する書籍にしたかったんですが。

大垣 二人で「『ルワンダ中央銀行総裁日記』(中公新書、1972年)のミャンマー版になるといいね」なんて話したことがありますね。

泉 はい。その後、状況が変わってきたというので、途中からは書くのをやめていたんですが・・・そのあと、2021年2月にクーデターが起こって。これは何か書かなければと思いました。

机上の空論にならない「真の支援」とは

残間 ミャンマーのクーデター前夜を、泉さんのような立場でご覧になっていた方が記したという意味でも、この本は重要ですよね。

大垣 現地の方と直接関わって、その国の実情に即した制度を考えるって本当に大変なことなんですよね。

私がミャンマーのODA事業に関わっていたとき、担当になっている政府関係の方で、一度も現地に行ったことがない方もいて、それってどうなのかと思ったこともありました。

「こういうことに役立てろ」とお金だけは潤沢に渡されるのだけれど、実情に即していないものだから、使えないことも多くて。

泉 日本とミャンマーという国家間でもそうですし、ミャンマー国内でも「ミャンマーの地方に行ったことがない役人」は多いんですよ。
むしろ、ミャンマーの役人より私のほうがミャンマーの田舎には行っていたかもしれませんね(笑)。

銀行員にならなかったら、研究者になっていたかも

残間 泉さん、もともとは神戸大学の農学部にいらして、害虫対策や、疫学を学んでいたんですね。それで、将来はメーカーの研究職に就くつもりでいたと。

大垣 そうだったんですね。・・・害虫対策や疫学は、ミャンマーで役に立ったんじゃないですか(笑)。

泉 (笑)。大学で習ったことは、ほとんど忘れてしまいましたけれどね。

もしもメーカーに就職していたら、少なくとも、文化放送のラジオに出演することはなかったでしょうしね。

残間 この本の「終わりに」に、「人の運命というのは、全く予想のつかないことばかり起こりうる」と書いてありますが、本当ですね。

住宅建築の勢いが盛んなダラスへ

残間 3月からの赴任先である、ダラスに寄せる思いは。

泉 ダラスは、今、すごい勢いで住宅が建設されていますから、マーケットとしては一番いいところだと思います。
ミャンマー時代とは全く違う仕事でして。会社の規律が守られているかを監査しに行くんです。監査っていうと、偉そうですが(笑)。

残間 銀行側も、泉さんのような人に行ってほしいと思うんでしょうね。単身赴任ですか。

泉 いいえ。妻と一緒に行きます。

大垣 羨ましいなあ。もしかしたら、一番幸せな時代になるんじゃないですか。

泉 うーん。あとは、戦争が始まらなければですね。

鈴木 泉さん、ご帰国の際には、ダラスでのご活躍もお聞かせください。

きょうのお客さまは泉賢一さんでした。ありがとうございました。

一同 ありがとうございました。

***

前編では、ミャンマーに赴任するきっかけをお話しいただきました。

前編はこちら:ミャンマークーデター前夜、現地銀行のCOOになった日本人がいた。泉賢一さんをゲストにお迎え

『ミャンマー金融道』(河出書房新社)、発売中です

『ミャンマー金融道 ゼロから「信用」をつくった日本人銀行員の3105日』(河出書房新社、2021年12月)

※この記事で掲載されている情報は全て、執筆時における情報を元にご紹介しています。必ず最新の情報をご確認ください。

お知らせ

パーソナリティの一人である大垣尚司さんが代表理事を務める一般社団法人「移住・住みかえ支援機構」(JTI)では、賃貸制度「マイホーム借上げ制度」を運用しています。

住まなくなった皆さまの家をJTIが借り上げて、賃貸として運用。
入居者がいない空室時でも、毎月賃料を受け取ることができます。
JTIは非営利の公的機関であり、運営には国の基金が設定されています。

賃料の査定や、ご相談は無料。資格を持ったスタッフが対応いたします。

制度についての詳しい情報は、移住・住みかえ支援機構のサイトをご覧ください。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

大垣尚司・残間里江子の大人ファンクラブ

土 6:25~6:50

楽しいセカンドライフを送るためのご提案などがたっぷり! 金融・住宅のプロフェッショナル大垣尚司と、フリープロデューサー残間里江子が 大人の目線でお届けします。…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加