青木さやか「私は“厄介な女”を越えて“最悪な女”かも」

青木さやか「私は“厄介な女”を越えて“最悪な女”かも」

Share

自称“厄介な女”の青木さやか。4月12日「大竹まことゴールデンラジオ(文化放送)」では、青木さやかが“厄介な女”の“厄介な胸の内”を明かした。

青木「私、褒められれば褒められるほどウソだって思っちゃったりですね、好きだって言われれば言われるほど信用できなかったりするんです」

大竹まこと「そういうのわかる。褒められると落ち込むっていう人いるのよ」

はるな愛「へぇ~」

大竹「はるな愛には想像できないと思うけど…」

はるな「私は褒められると、もう天に昇っちゃう。自分の中では『もっといけたのに!』『不完全燃焼だったな』って思ってても人に『スゴい良かった』って言われたら、みんなも良かったと思ってるんだって思わないですか?」

青木「ん~、みんなに言ってるんだ~って思っちゃいます。あと誕生日をスタッフさんから祝ってもらったりすると『今、売れてるからですよね?来年やらないんだったら、もうやめてもらえませんか』って言っちゃったり…」

はるな「え?????」

大竹「厄介だな、お前」

青木「でしょう。だから仲のいい芸人さんから『そんな誕生日祝ってほしくないんだったらウィキペディアから誕生日消せよ!』って言われて『そうかもしれない』みたいな話し合いをしたことあります」

大竹「『来年祝わないですよね?』は祝ってほしいの裏返しでもあるの?」

青木「今一瞬だけでしょう、私のこと見てるのはっていう寂しさがあるのかもしれません。“厄介”ってことじゃないのかもしれません。“最悪な女”なのかも(笑)」

はるな「(爆笑)」

大竹「でも、青木はそれをマジで思ってるわけだろう?」

青木「関係性が近い人には『誕生日を祝いたいと思って祝ってるわけじゃないでしょう。本当に誕生日おめでとうなんて思ってる人なんて殆どいないんだから!』みたいな感じでした」

大竹「めんどくせー」

はるな「(爆笑)」

大竹「そういう思考回路の人いるんだよ」

はるな「私は祝っていただいた時には、もしかして来年は祝ってもらえないかもしれないけれど、その瞬間の気持ちを楽しむタイプなので、誕生日のケーキが来た時には『ワーオ』って言ってアメリカ風に願い事したり可愛くやるんですけど…」

青木「ちょっと、これ何の話聞かされてるんですか?」

一同「(大爆笑)」

この他にも番組では青木さやかさんが“厄介エピソード”を披露。もっと聴きたいという方はradikoのタイムフリー機能でお楽しみ下さい。

青木さやかさんは番組の「大竹メインディッシュ」のコーナーにご出演です。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加