もしかしてこれは「ラジオ棚」? 大型書店にも必ずある「個性」とは

もしかしてこれは「ラジオ棚」? 大型書店にも必ずある「個性」とは

Share

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)、4月18日の16時台の特集は「本屋さんをクリエイティブ!」と題し、近年の書店が行なう様々な工夫を取り上げた。

この20年ほどで書店の数はおよそ半減。一方で2020年度には倒産数が過去最少を更新し、持ち直してきているという分析もあるという。番組ではそういった書店の「生き残りをかけた創意工夫」について話していく。

西川あやの「まずは購入するだけでなく、その空間に行くのが楽しみになる『空間プロデュース型』。蔦屋書店とスターバックスが併設された通称『ツタバ』というのがあります」

重藤暁「ツタバっていうんですか? 初めて聞いた……」

西川「ブック&カフェ空間に家電店も併設されたスターバックスの二子玉川蔦屋家電店というのもあります。続いて創業130年を超える老舗でも新たな取り組みが。熊本県にある明治22年創業の長崎書店では、本のスペースを縮小してギャラリースペースを新設。熊本の文化、芸術の発信地として様々なイベントを開催することで、本好きの人以外にも来てもらおうと。いまも地元の方に愛されているそうです」

山内マリコ「明治22年創業はすごいですね」

重藤「その地方に行くと見る本屋さんって、あるじゃないですか。たとえば京都へ稽古に行くんですけど、大垣書店というのがすごく大きくて。ミュージアムショップみたいにもなっていて、観光スポットの一面もあるんですね」

山内「私の地元・富山でも明文堂っていう、都内ではあまり聞かない書店が強い。店内にフカフカのソファーがあってそこで読める、みたいな。ローカル展開しているお店も多いから(倒産数が減った)、というのはあるかもしれない」

話は書店や棚の「個性」へと展開する。

西川「誰でも本屋さんに慣れる共同書店。今年3月、神保町にオープンしたPASSAGE(パサージュ)。月額5,500円で個人に本棚を借りられ、古本、新品問わず陳列して販売可能。店主であるフランス文学者の鹿島茂さんの人脈で、有名な作家・書評家の棚もあるそうです」

山内「私はこの前、行ってきました。開店前からTwitterで情報発信していて、開店前から追いかけていたんです。『いまこんな感じ』『内装ここまでできました』『これは誰々の本棚です』……など。それぞれが好きな本を売っているから、その人の個性がわかるんですね。私は店主の鹿島先生が出品されていた1971年の映画雑誌『SCREEN』を買って帰りました」

重藤「たとえば『西川あやの棚』みたいなことができる?」

山内「できる、できる! 私みたいに本を読んでる人もいたんだけど、棚を見ながら商談している、棚をつくりたくて説明を受けている人もいた! 本屋さんって選書してコーナー展開したり、棚をつくっていたりする。メジャーなお店であっても画一的とは限らない」

西川「ツタバにふらっと寄ったとき、スタジオ部員の山内マリコさん、永井玲衣さん、青木理さん、石戸諭さんの本が同じ棚に置かれていることがあったんですよ」

山内「あら! ガッツリ抑えて」

西川「よく見たら他局の記者、プロデューサーの本とかもあって、『ラジオ棚』だなと。店員さんの個性が出ている棚ってありますね。選ばれたものが並んでいるなって思います」

このほか支配人が厳選した本がそろったBOOK HOTEL 神保町や、古本の「インテリア」としての新しい価値を見出すことに取り組んでいる、神保町の北澤書店も紹介した。

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加