スタジオで給食牛乳の「直飲み」&「飲みレポ」に挑戦。明暗分かれる?

スタジオで給食牛乳の「直飲み」&「飲みレポ」に挑戦。明暗分かれる?

Share

4月27日の「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」(文化放送)で「給食の牛乳問題」を特集。今年4月から全国の多くの学校で、紙パック牛乳を「直(じか)飲み」するように変わったという話をきっかけに、3人が前週の食レポに続く「飲みレポ」を展開した。

西川あやの「プラスチックゴミ削減のために、付属のストローをなくしたのが、直飲みに切り替わった理由のようです。お2人ともパックに直接口をつけたことは?」

大島育宙「人生で一度もない」

永井玲衣「考えたことすらありません。そもそも特殊な学校だったので、人生で一度も給食をとったことがないんです。幼稚園のころは瓶の牛乳を飲んでいました」

大島「小学校では普通に給食があって。牛乳は低学年がストローつきのパックで、高学年で瓶に変わりました。飲む量の問題じゃないかなと推測しています。中学はヤカンのお茶で……別の話になっちゃった(笑)」

西川「ちなみに私は小学校で紙パック、中学校で瓶でした。さて1958年ごろに始まった給食提供。当初は瓶が主流でした。1960年代後半ごろから軽くて割れない紙パックに移行。瓶の割合は2019年におよそ15%まで減ったようです」

大島「確かに給食当番のとき、瓶がすごく重かった記憶がある。キャスターがついている台車で運んで、40本ぐらいを持ち上げなければいけない」

スタジオに紙パックの牛乳が現れ、それぞれが「直飲み」に挑んだ。

西川「スタジオに直飲み(パックの)牛乳がやってきました。手のひらサイズの200ml」

大島「低学年のとき、このサイズだったわ! 冷えてるわ……。このまま飲むんですか?」

西川「牛乳パックを開くときの、くちばしのところから飲むんですよ」

大島「(飲んでみて)こぼれてないけど、心地よくはないですね。1回1回緊張しながら飲むことになりそう。口の受ける部分の広さと細いくちばしのところ、差の面積の部分からこぼれ落ちないか、というのが不安です」

大島に続いて永井が挑む。

永井「これは、まず牛乳の味が……」

大島「牛乳嫌い(笑)。それはおいといて、飲みやすさは?」

永井「すっごく不安定ですね。怖い!」

大島「そうですよ、やってみればわかると思います」

最後に挑んだ西川が、スムーズに飲み進める。

永井「あっ、うまい!」

西川「おちょぼ口にするんですよ」

大島「個人の口の形にもよるのかな。下から受けるんじゃなくて、自分の口をストローにするってことですね。……飲むの、うまっ!」

西川「瓶より飲みやすいですよ。おちょぼ口にしてみてください」

永井「(してみて)……あ、完全にコツ掴みました。私、パック(派になります)」

大島「僕、ずっとこぼしそう。服が黒いからずっと怖い。取り残されている……。瓶のほうが飲みやすい。人間に最適化されている」

永井「パックのほうが気をつけるから、こぼさないのかもしれない」

大島「瓶は割れるリスクがある。そこは給食において大事な気がするな」

「西川あやの おいでよ!クリエイティ部」は毎週月曜~金曜の午後3時30分~5時45分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


西川あやの おいでよ!クリエイティ部

西川あやの おいでよ!クリエイティ部

月~金 15:30~17:45

その他の主な出演者

“ネガティブをポジティブに変える新しい発想やアイデアを探すこと”をテーマに、番組を部活動に例え、パーソナリティ・リスナー全員が“部員” となっ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加