【西武】辻監督インタビュー…9番金子の存在感、本田投手の起用、どう思う?

【西武】辻監督インタビュー…9番金子の存在感、本田投手の起用、どう思う?

Share

4月29日放送のライオンズナイターでは、西武ライオンズの辻発彦監督にインタビューの模様をお届けし、9番に定着してきた金子侑司選手の存在感や本田圭佑投手の起用についてお話いただいた。

――昨日のスミス投手が右脇の違和感で2回途中でマウンドを降りたのは心配?

辻「球数的には75~80球くらいで思ってたんですけど、違和感を訴えたので無理させないで急遽、與座に行ってもらいました」

――7回裏、本田圭佑投手を起用することは頭にあった?

辻「ありました。昨日に限っては先発投手を引っ張らない予定でいたので2番手、3番手で與座、本田を考えていました。前日の本田が良かったので1イニングはしっかり行ってくれるだろうという作戦はあったんですけど、見事でした」

――本田は今後、勝ちパターンの7回を任せることになる?

辻「それは流動的ですね。先発投手が7回まで残ってくれるとこっちとしてはありがたいんですけどそういう風にいかない時もある。もちろん勝ちパターンでもいけるピッチャーだと思います」

――金子侑司選手が9番で定着し始めたが、金子の存在感が勝利のキーポイントになる?

辻「本当に金子がやってくれてます。非常に振れてますし、ボールが見えてますし、しぶといですし、昨日も11球粘ってからのレフト前とか、そういう風に良い味を出してくれてます。プラス足という大きな武器もありますから、上の1番、2番、3番に回ってくれば大きな戦力になりますから非常に流れ的には良い形になってますね」

――今日の先発、髙橋光成は期待できそう?

辻「そうですね。徐々に良くなってきてますから。1イニングでも長くお願いしたいところですけど、やっぱり初回をしっかり立ち上がってもらってバファローズの打線では吉田正尚選手が非常に調子が良いのでその前にランナーを出さずに、対戦成績も良くないので吉田選手をいかに打ち取るかが課題になってくると思います」

※インタビュアー:文化放送・斉藤一美アナ

Share

関連記事

この記事の番組情報


文化放送 ライオンズナイター

文化放送 ライオンズナイター

火~金(4月~9月) 17:45〜21:00(最大延長21:30)

その他の主な出演者

文化放送ライオンズナイターは1982年の放送開始以来、2022年で41年目のシーズンを迎えます! キャッチフレーズは 「吼えろ!ライオンズ 叫べ!文化放送ライ…

ページTOPへ
// 2022.04.28追加